ムサシアブミ

サトイモ科テンナンショウ属の多年草。 分布: 関東地方から沖縄にかけて、 朝鮮半島、中国。 生育環境: 海岸に近い林の中や山地の谷沿いなど。 草丈: 20~50cm。 花期: 3~5月。 2015年4月9日 湘南 芽だしは筍のよう。 2015年3月25日 大船植物園 2015年3月25日 大船植物園 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイモ

貝母。 別名: アミガサユリ(編笠百合)、テンガイユリ(天蓋百合)。 ユリ科バイモ属の球根植物。 原産地: 中国。 草丈: 40~60cm。 花期: 3~5月。 花径: 3~4cm。 2015年3月25日 大船植物園 2016年3月17日 大船植物園 花びらの内側が綱目模様になっている。 2010年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プルモナリア

ムラサキ科プルモナリア属の常緑多年草。 原産地: ヨーロッパ。 草丈: 20cm。 花期: 3月~5月。 2015年4月9日 大船植物園 蕾はピンク。 咲くとブルー。 2015年3月25日 大船植物園 葉は白い水玉模様。 2015年3月25日 大船植物園
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジョンキルスイセン

別名: イトバスイセン、 キズイセン。 ユリ科スイセン属の多年草。 原産地: ヨーロッパ南西部~北アフリカ。 生育環境: 湿った草地。 花には芳香があり、香水の原料。 2016年3月17日 大船植物園 葉はイグサのように細く鋭い。 種小名はスペイン語でイグサを意味する‘junquillo’が由来だそう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドッコンソウ。

独根草。 流通名: イシワリソウ。 ユキノシタ科オレシトロフェ(ドッコンソウ)属の多年草。 原産地: 中国の河北省や山西省など。 生育環境: 山地の崖や岩場。 草丈: 10~30cm。 花期: 4~5月。 茎先に白い小さな花をつける。 葯の色はピンク。 石割草として流通するものの中には花の色がピンクのものもある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオカンザクラ

バラ科サクラ属の落葉高木。 埼玉県の安行にあった桜で安行寒桜とも呼ばれる。 カンヒザクラとオオシマザクラの種間雑種と考えられている。 花は中輪、一重咲きで淡紅色。開花期は3月下旬。 普通のカンザクラより大輪で、開花時期も遅い。 染井吉野より1週間程早く咲く。 2016年3月17日 大船植物園 こちらはオオカンザ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミケーリア

モクレン科オガタマノキ属の常緑高木。 中国名: 深山含笑。 和名: 巨大輪オガタマ。 原産地: 中国。 花径: 10cm。 花はハクモクレンに似ているが、モクレン属ではなく、オガタマノキ属。 2015年3月25日 青連寺 2016年3月15日 青連寺 2015年3月14日 大船植物園 蕾。 2015…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハーデンベルギア

マメ科ハーデンベルギア属の常緑蔓性多年草。 別名: コマチフジ、 ヒトツバマメ。 原産地: オーストラリア東部 タスマニア。 花期: 3月-5月 ハーデンベルギア属の花はオーストラリア東部からタスマニアにかけて3種程度が分布するが日本に入ってきているのはビオラセラ1種だけ。  ビオラセラは菫色のという意味だが、紫、白、ピン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シレネ・ブルガリス

別名: シラタマソウ、 ブラッダーキャンピオン、 シレネ・ユニフローラ。 ナデシコ科マンテマ属の多年草。 原産地: 中央ヨーロッパ。 草丈: 60~100cm。 スイスでは雑草扱いということ。 丈夫で、日本でも蓼科あたりでは帰化している。  萼は緑色で丸く膨らみ、花は白い。 2015年8月15日 蓼科
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シレネ・スカフタ (ヒメサクラマンテマ)

ナデシコ科マンテマ属の多年草。 原産地: コーカサス地方の北部。 生育環境: 山地の斜面の岩礫地。 草丈: 10~15㎝。 サクラマンテマ(シレネ・ペンデュラ)に似ているが、草丈が低く、萼筒は細長く、サクラマンテマのように膨らまない。 2016年2月21日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラー・プラテンシス

キジカクシ(ユリ)科ツルボ属の球根植物。 原産地: ユーゴ。 草丈: 20~30cm。 花期: 5月。 シラーはツルボ属だが、あまりツルボに似ていないものが多い。 シラー・プラテンシスはツルボに似ていて、花の色が青い。 ツルボより花穂が短い。 2014年4月27日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラー・シベリカ

キジカクシ(ユリ)科ツルボ属の球根植物。 原産地: ロシア、ウクライナ、グルジア。 草丈: 10cm~15cm。 花期: 2月~4月。 シベリカは「シベリアの」という意味。 なぜか園芸店ではシラー・シビリカとして売っている。 2015年3月25日 大船植物園 白花もある。 2010年5月14日 蓼科
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スーパーアリッサム フロスティーナイト

アブラナ科ニワナズナ(ロブラリア)属の半耐寒性多年草。 夏の暑さに弱く、一年草扱いのアリッサムを改良し、夏越えが出来るようにしたのが「スーパーアリッサム」。 フロスティーナイトは世界初の斑入りのスイートアリッサム。 2015年6月30日 湘南 2015年2月23日 湘南 2016年2月21日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリッサム サクサティーレ・サミット

アブラナ科ニワナズナ(ロブラリア)属の常緑半耐寒性多年草。 花期: 10月~翌5月。 原産地: 地中海沿岸。 芳香性のあるレモンイエローの花を咲かせる。 ヨーロッパでは「バスケットオブゴールド」と呼ばれている。 2015年3月24日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメリュウキンカ

キンポウゲ科キンポウゲ(ラナンキュラス)属の多年草。 原産地: イギリス。 ヨーロッパからシベリアにかけて。 生育環境: 山野の湿った草原や川沿いの林床など。 花期; 2~4月。 花径: 2~3cm。 2015年3月25日 大船植物園 2015年3月25日 大船植物園 花弁(萼)の裏は緑がかっている。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュウキンカ

キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。 分布: 本州から九州にかけて。 朝鮮半島や中国。 学名はCaltha palustris var. nipponicaだが、日本固有種というわけではない。 生育環境: 水辺や湿地。 草丈: 20~50cm。 茎は中空で直立する。 花期: 2月~6月。 花径: 2~4cm。 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アスパラガス?・スプレンゲリー

キジカクシ科アスパラガス属の常緑多年草。 原産地: 南アフリカ。 アスパラガスは葉の代わりに茎が平たく変化した「葉状茎」を持っている。 一般的にはこの葉状茎を葉と呼んでいる。 本物の葉は退化してうろこ状になり、葉状茎に密着している。 2015年7月17日 湘南 2015年10月02日 湘南 2015年12月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマナワザクラ

玉縄桜。 大船フラワーセンターでソメイヨシノの自然交雑実生株から選抜・育成され、1990年(平成2年)に品種登録されたサクラの園芸品種。 「玉縄」とはフラワーセンターのある地区の地名。 早咲きで2月には咲き始め、開花期間が長く1か月くらい咲いている。 早春に咲く桜のほとんどがカンヒザクラの影響から濃い花色のものが多い中、桜の代表的…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セツブンソウ

キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草。 分布: 関東地方から中国地方にかけて。 日本固有種。 環境省のレッドリスト(2007)では、準絶滅危惧(NT)に登録されている。 生育環境: 石灰岩地帯の落葉樹林内の斜面。 定期的な草刈りの行われている北向き斜面に多い。 花期: 2~3月。 草丈: 10cmくらい。 花径: 2cm。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバオウレン

キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。 別名: カタバミオウレン。 分布: 日本では北海道から本州の中部地方にかけて。 海外では、北半球の寒帯から亜寒帯に広く分布する。 生育環境: 亜高山帯から高山帯の針葉樹林内や林縁、湿地。 花期: 6~8月。 草丈: 5~10cm。 花径: 7-10mm。 花弁のように見えるのは萼片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバノバイカオウレン(実)

キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。 別名: コシジオウレン(越路黄蓮)。 原産地: 日本。 日本固有種。 分布: 本州の中部地方から東北地方の日本海側。 生育環境: 亜高山帯から高山帯の針葉樹林の林床や林縁。 花期: 5-8月。 草丈: 7-15cm。 花径: 12-15mm。 白い花弁にみえるのは萼片で5枚あり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイカオウレン

キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。 別名: ゴカヨウオウレン。 原産地: 日本。 日本固有種。 生育環境: 山地から亜高山帯。 森林内にある、腐植質に富んだ湿った場所。 花期: 近畿以西では低山地に生え、早春に開花、中部以北では、亜高山帯の針葉樹林体に多く、開花は初夏。 草丈: 4-15cm。 花径: 12-18mm。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

侘助 太郎冠者(有楽)

ツバキ科ツバキ属の常緑高木。 室町時代のころに中国から持ち込まれた椿の原種であるピタールツバキと日本の(ヤブツバキ)との交配と推定されている。 花期: 12月~4月。 茶人、織田有楽斎長益が、茶の湯の席に好んで用いたと伝えられている。 一重の花がラッパ状に咲く。 2016年1月24日 大船植物園 2016…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カミヤツデ

ウコギ科カミヤツデ属の常緑低木。 別名: ツウソウ(通草)、 ツウダツボク(通脱木) 。 原産地: 中国、台湾。 花期: 11~12月頃。 樹高: 2~6m。 葉はヤツデと同様に大柄な掌状深裂の形だが、70cmくらいと大型で、葉質は遙かに薄く、つやがない。 茎の髄から通草紙(つうそうし)という紙の一種をつくる。 通草…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

マホニア・アーサーメンゼス

メギ科ヒイラギナンテン属の常緑樹。 園芸店では柊南天、早咲き柊南天として売られている。 中国原産のロマリフォリア種と日本の柊南天を交雑させたものがマホニア・メディアとして出回り、いくつかの園芸品種を産み出している。 マホニア・アーサーメンゼスもその1つ。 花期: 1~2月。 樹高: 1~3m。 柊南天よりも開花時期が早…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリムラ・ポリアンサ

サクラソウ科の常緑多年草(暑さに弱いので一年草扱い) 草丈: 12~20㎝ 花期: 11月~4月 2016年1月11日 湘南 プリムラ・ポリアンサはヨーロッパ原産のP・エラチオール(Primula elatior)、P・ブルガリス(P. vulgaris)、P・ベリス(P. veris)などが交雑されて育成された品種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルコウジ(大実のヤブコウジ)

流通名:大実のヤブコウジ サクラソウ科ヤブコウジ属のつる性常緑低木。 花期: 6~8月 樹高: 10~15㎝ 生育環境: 山地の林内。 房総半島以西の海辺の山に多い。 分布: 日本房総半島以西、朝鮮、中国、マレーシア、フィリピン。 ヤブコウジに似ているが、ヤブコウジは葉の鋸歯が細かく、茎が地上を這わない。 花期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サルビア・シナロエンシス

シソ科アキギリ属の多年草。 原産地:メキシコの北西部、シナロア州。 草丈:15~30cm コスミックブルーという品種らしい。 冬場は銅葉だが、暖かい季節は緑の葉。 2015年12月15日 庭
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイヅルソウ

ユリ科マイヅルソウ属→キジカクシ科スズラン亜科マイヅルソウ属の多年草。 分布: 日本、北米、ロシア東部、朝鮮半島 生育環境: 山地帯上部から亜高山帯の針葉樹林。 草丈: 10-20cm。 花期: 5-7月。 2枚のハート形の葉の間から茎を伸ばし、白色の小六弁花を総状花序につける。 2010年6月17日 蓼科 蕾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒエンソウ

キンポウゲ科ヒエンソウ属の二年草。 別名: チドリソウ。  デルフィニウム。  英語名: ラークスパー。 ヨーロッパ原産。 草丈: 1m。 葉は細かく掌状に深裂。 2015年7月23日 茅野市 よく似た花にセリバヒエンソウがある。 http://tateshina.at.webry.info/201506…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カリメリス

キク科ヨメナ属の多年草。 別名: 七変化。 草丈: 30~60cm。 花径: 2cm。 耐寒性、耐暑性ともに強い。 咲き始めは丁字咲きで、次第に八重咲きに変化する。 2015年7月27日
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブッドレア

フジウツギ(ゴマノハグサ)科の低木。 別名:フサフジウツギ。 原産地: 中国。 花期: 7~10月。 長い円錐形の花穂が甘く香り、チョウが集まるため、英名では「バタフライブッシュ」と呼ばれている。 2010年7月31日 蓼科 花の色は青紫、赤紫、白など。 2009年9月2日 茅野市 2010年8月17…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

コマツナギ

マメ科コマツナギ属の落葉小低木。 分布: 本州から九州 朝鮮半島。 生育環境: 日当たりのよい野原や川岸など。 樹高: 50~90㎝。 花期: 6~9月。 葉の脇から円錐花序を出し、淡い紅紫色ないし白の蝶形をした花を開く。 葉は奇数羽状複葉で互生。 小葉の形は楕円形。 葉は夜になると閉じるそう。 2010年8月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フクロギボウシ(ツボミギボウシ)

ユリ科(キジカクシ科)ギボウシ(ホスタ)属の多年草。 原産地: 朝鮮半島。 花期: 5~6月。 草丈: 30~50cm。 花を開くことなく蕾の状態で終わる。  3倍体で種はできない。 2015年7月28日 つどいの里 サクナラギボウシは2倍体で花が開く。 本来ならばツボミギボウシが変種のはずですが、花が正常に開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニバナダイコンソウ

バラ科ダイコンソウ(ゲウム)属の多年草。 別名: ゲウム、セイヨウダイコンソウ。 原産地 : ヨーロッパ南部。 草丈: 30~40㎝ 花期: 5~6月。 2015年5月17日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラフトダイコンソウ

バラ科ダイコンソウ属の多年草。 分布; 中部以北、サハリンやカムチャツカ半島。 生育環境: 山地や亜高山の草地。 花期: 5月中旬~6月。 草丈: 40~70cm。 花径1.5㎝位。 花弁の形は丸い。 萼片の間に5枚の副萼片がある。 花の真ん中は緑色。 2013年6月9日 上高地 根際から生える葉は奇数羽状複…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソバ

タデ科ソバ属の一年草。 原産地: 中国南部。 草丈: 60-130cm。 茎の先端に総状花序を出し、6mmほどの花を多数つける。 花の色は白、淡紅、赤。 茎の色は緑、淡紅、濃紅。 2010年8月31日 蓼科 2011年8月14日 蓼科 2011年8月14日 蓼科
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクチリソバ

タデ科ソバ属の多年草。 別名: 宿根ソバ、 野菜ソバ。 原産地:北インドから中国。 帰化植物。 昭和のはじめに小石川植物園に栽植されたものが逃げ出して野生化。 分布: 本州・四国・九州。 生育環境: 人里・田畑,河原・渓流,原野・草原,都市・市街地。 草丈: 50~100㎝。 茎の上部の葉の脇から花柄を出して2つから3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオイヌタデ

タデ科イヌタデ属の一年草。 分布:日本全土、朝鮮、中国、台湾、アジア、ヨーロッパ、北アフリカ、北アメリカ、オーストラリア。 生育環境:道端や荒れ地、河原。 草丈:1~2m。 花期:6~9月。 茎は枝分かれする。 葉は長さ15~25cmの披針形で、先は長くとがる。 托葉鞘は筒状で、普通ふちに毛がない。 花序は長さ3~7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオケタデ(オオベニタデ)

タデ科イヌタデ属の一年草。 原産地:中国、インド、マレーシアなど。 江戸時代に観賞用として渡来した帰化植物。 草丈:1~2m。 花期:6~10月。 大型で枝分かれした茎に長い花穂を垂れ下げる。 花はイヌタデの花を大きく、色鮮やかにしたよう。 葉は卵形で先が尖り互生。 茎に毛が多いのが特徴で、名の由来にもなっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more