エノコログサ

狗尾草。 別名:ネコジャラシ。 英名:Foxtail grass
イネ科エノコログサ属の一年草。
エノコログサの由来は「いぬころ草」の意味であり、穂の形が子犬の尻尾に似ているから。
夕日を浴びて光っていると、とても美しい。
画像

     茅野市街    09/08/22撮影

変異が多く、穂が紫がかるものをムラサキエノコロという。
緑のエノコログサに混じって、赤紫のものがあるから熟すと赤紫になるのかと思っていたが、そういうわけではないようだ。
赤紫だと、毛虫みたい。
画像

     茅野市街    09/08/22撮影

そのほか海岸に生えるハマエノコロ、
穂がやや細くて金色のキンエノコロ、
キンエノコロに似ているが小穂が一回り小さいコツブキンエノコロ、
やや毛が多く、穂が細長くて垂れるアキノエノコログサ、
穂の剛毛に細かい逆棘があって、さわると非常にざらつくザラツキエノコロ。

栽培植物のアワもエノコログサを元に作り出されたものと考えられている。
あわ7とエノコログサとの雑種がオオエノコロ。

ところで、エノコログサの花と言うのを見たことがないと思っていたら、花は外からは見えないようなつくりになっているそうだ。
http://www.oyo.co.jp/hana/2004-08.html

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 0

この記事へのトラックバック