ズダヤクシュ

ユキノシタ科ズダヤクシュ属。
北海道から四国にかけて分布。 海外では、朝鮮半島、中国、ヒマラヤにも分布。
生育地:山地の林の中で湿り気の多い所。
草丈:10~30センチ。
「ズダ」というのは長野県の方言で喘息のことであり、その薬になるというのが名の由来。

茎先に総状花序)を出し、白い小さな鐘状の花を下向きにつける。
画像

花弁のように見えるのは萼片(5枚)である。 花弁は糸状で、萼片の間にある。 雄しべは10本。
画像

2013年6月9日 上高地/div>
葉は幅の広い卵形で、互生。 葉の先は浅く手のひら状に裂ける。
画像

2014年6月12日 麦草/div>
花後の姿。
画像

2015年6月17日 上高地/div>
画像

2014年10月7日 上高地/div>

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 1

ナイス

この記事へのトラックバック