オオケタデ(オオベニタデ)

タデ科イヌタデ属の一年草。
原産地:中国、インド、マレーシアなど。
江戸時代に観賞用として渡来した帰化植物。
草丈:1~2m。
花期:6~10月。

大型で枝分かれした茎に長い花穂を垂れ下げる。
花はイヌタデの花を大きく、色鮮やかにしたよう。
葉は卵形で先が尖り互生。
茎に毛が多いのが特徴で、名の由来にもなっている。
画像

2015年10月1日 東慶寺



ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

ナイス
かわいい

この記事へのトラックバック