ミツバノバイカオウレン(実)

キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。
別名: コシジオウレン(越路黄蓮)。
原産地: 日本。 日本固有種。
分布: 本州の中部地方から東北地方の日本海側。
生育環境: 亜高山帯から高山帯の針葉樹林の林床や林縁。
花期: 5-8月。
草丈: 7-15cm。
花径: 12-15mm。

白い花弁にみえるのは萼片で5枚あり、楕円形。
果実は舟状の袋果で輪状に開出し、袋果の長さ6-8mm。
画像

2015年4月23日 箱根湿性花園



バイカオウレンは茎が褐色で小葉が5枚、
ミツバノバイカオウレンは茎が褐色を帯び小葉3枚。
ミツバオウレンは茎が緑色で小葉3枚。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 2

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)