ミツバオウレン

キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。
別名: カタバミオウレン。
分布: 日本では北海道から本州の中部地方にかけて。 海外では、北半球の寒帯から亜寒帯に広く分布する。
生育環境: 亜高山帯から高山帯の針葉樹林内や林縁、湿地。
花期: 6~8月。
草丈: 5~10cm。
花径: 7-10mm。

花弁のように見えるのは萼片で、5枚ある。
花弁は花の真ん中にあって黄色く、蜜腺化している。
花はバイカオウレンより小さく、花弁に見える萼片は細長かったり、先が尖っていたり。。
画像

画像


根出葉は3出複葉で、小葉は倒卵形で光沢がありやや厚く、基部の葉柄はほとんど無く、縁には鋭い重鋸歯がある。
画像

2015年6月11日 麦草

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 4

なるほど(納得、参考になった、ヘー) なるほど(納得、参考になった、ヘー)
ナイス ナイス