ハーデンベルギア

マメ科ハーデンベルギア属の常緑蔓性多年草。
別名: コマチフジ、 ヒトツバマメ。
原産地: オーストラリア東部 タスマニア。
花期: 3月-5月

ハーデンベルギア属の花はオーストラリア東部からタスマニアにかけて3種程度が分布するが日本に入ってきているのはビオラセラ1種だけ。 
ビオラセラは菫色のという意味だが、紫、白、ピンクがある。
画像

2016年3月8日 湘南

画像

2016年1月25日 湘南


葉は革質で厚く濃緑色、細長い二等辺三角形。
マメ科の植物は複葉が多いが、ハーデンベルギアは単葉なのがヒトツバマメという和名の由来。
画像


属名のハーデンべルギアは、ドイツのハーデンベルグ伯爵夫人の名前にちなむそう。

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!

ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。

→ログインへ

なるほど(納得、参考になった、ヘー)
驚いた
面白い
ナイス
ガッツ(がんばれ!)
かわいい

気持玉数 : 3

ナイス ナイス ナイス

この記事へのトラックバック