テーマ:黄 野草

ジョンキルスイセン

別名: イトバスイセン、 キズイセン。 ユリ科スイセン属の多年草。 原産地: ヨーロッパ南西部~北アフリカ。 生育環境: 湿った草地。 花には芳香があり、香水の原料。 2016年3月17日 大船植物園 葉はイグサのように細く鋭い。 種小名はスペイン語でイグサを意味する‘junquillo’が由来だそう。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒメリュウキンカ

キンポウゲ科キンポウゲ(ラナンキュラス)属の多年草。 原産地: イギリス。 ヨーロッパからシベリアにかけて。 生育環境: 山野の湿った草原や川沿いの林床など。 花期; 2~4月。 花径: 2~3cm。 2015年3月25日 大船植物園 2015年3月25日 大船植物園 花弁(萼)の裏は緑がかっている。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

リュウキンカ

キンポウゲ科リュウキンカ属の多年草。 分布: 本州から九州にかけて。 朝鮮半島や中国。 学名はCaltha palustris var. nipponicaだが、日本固有種というわけではない。 生育環境: 水辺や湿地。 草丈: 20~50cm。 茎は中空で直立する。 花期: 2月~6月。 花径: 2~4cm。 20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ペチコートスイセン

ナルキッスス・バルボコディウム。 別名: フエフキスイセン。 原産地: ヨーロッパ南西部や北アフリカ 生育環境: 日当たりのよい草原や岩場。 2010年4月8日 湘南 2010年4月13日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カラフトダイコンソウ

バラ科ダイコンソウ属の多年草。 分布; 中部以北、サハリンやカムチャツカ半島。 生育環境: 山地や亜高山の草地。 花期: 5月中旬~6月。 草丈: 40~70cm。 花径1.5㎝位。 花弁の形は丸い。 萼片の間に5枚の副萼片がある。 花の真ん中は緑色。 2013年6月9日 上高地 根際から生える葉は奇数羽状複…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルドベキア・ヒルタ(グロリオサデージー)

別名:キヌガサギク、アラゲハンゴンソウ。 学名:Rudbeckia hirta。 北アメリカ原産のキク科オオハンゴンソウ属の2年草。 高さ1m弱で、頭花は5cmくらい、単生し花弁約14枚、中央部は暗褐色または黒色。 オオハンゴンソウが黄緑色のとんがり帽子なのに対し、アラゲハンゴンソウは暗褐色のとんがり帽子。 花のアップ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナガサギク(ヤエオオハンゴンソウ)

キク科オオハンゴンソウ(ルドベキア)属の多年草。 北アメリカ原産の帰化植物。 オオハンゴンソウの八重咲き種。 花径5~10cmのポンポン咲き。 八重で種ができないから、それほど繁殖力が強くないと思うが、特定外来植物。 オオハンゴンソウ同様、葉は互生し、下方の葉は羽状に5~7裂、上方の葉は3~5裂または無分裂となる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キクイモモドキ

菊芋擬き。 別名:ヒメヒマワリ、ヘリオプシス、 宿根ヒマワリ。 北米原産のキク科キクイモモドキ属の多年草。 北アメリカ原産。 日本には明治時代の中頃に渡来した帰化植物。 草丈1~1.5m、 株立ちとなる。 花期:夏~初秋 花はキクイモより小さく、ぽってりとした感じ。  花径5~7cm、黄色または橙黄色。 舌状花8~15枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タンキリマメ

マメ科タンキリマメ属の多年草。 分布:日本(関東地方以西)、朝鮮、中国、台湾、ベトナム、フィリピン。 生育環境:日当たりのよい草地、林縁、生垣。 花期:7~9月。 総状花序に黄色の豆花を固まってつける。 葉は3小葉。小葉は倒卵形。  小葉は葉の中央より先寄りで葉幅が最も広い。 葉は質がやや厚く、毛が多い。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ノササゲ

マメ科ノササゲ属の多年草。 別名:キツネササゲ。 分布:本州、四国、九州、朝鮮、中国。 生育環境:山地の林縁。 花期:8~9月。 淡黄色が総状につき、長さ約2㎝、下向きに垂れ下がる。 葉は3出複葉。小葉は質が薄く、先が細くなった三角状長卵形。 2015年9月27日 湘南 実 http://mikawanoy…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオダイコンソウ

バラ科ダイコンソウ属。 日本では中部以北、ユーラシア大陸や北アメリカ大陸に広く分布。 低地や山地の草原に生育。 草丈:60~100cm。 花期:6~9月。 ダイコンソウより寒冷地に生育。 大型。 2015年7月28日 つどいの里 花もダイコンソウより少し大きい。 花弁が落ちやすい。 2014年8月11日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ダイコンソウ

バラ科ダイコンソウ属。 日本、朝鮮半島や中国に分布。 山地の林の中や道ばたに生える。 花期:6~7月。 草丈:50~80cm。 花径1.5~2cm。 2012年8月12日 蓼科 2011年8月17日 蓼科 根生葉は奇数羽状複葉。頂小葉がとくに大きく、側小葉は大小ふぞろい。 鈍い鋸歯がある。 この根生葉が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバミゾホウズキ

オオバコ科ミゾホオズキ属。 北海道から本州の中部地方、 サハリン。 亜高山の水湿地に生える。 草丈:10~30cm。 開期:6~8月。 葉の脇から花柄を伸ばし、長さ25~30mmくらいの黄色い筒形の花をつける。 花冠の先は唇形に裂ける。 上唇は2つに裂け、下唇は3つに裂ける。 下唇の内側には褐色の斑点がある。 雄しべ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミゾホウズキ

オオバコ科ミゾホオズキ属。 日本全土、朝鮮南部・台湾に分布。 野山の水辺、湿地に生える。 草丈: 10~20cm 花期:6~8月。 花は茎の上部の葉腋から細い柄を出して咲く。 筒状の萼には隆起した筋があり、花冠は長さ10~15mm。 葉は長さ1~4cm。 3~4対の鋸歯がある。 名前の由来は溝に生えて、果実がホウズキに…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ホソバノキリンソウ

別名:ナガバノキリンソウ, ミヤマキリンソウ。 ベンケイソウ科キリンソウ属。 中部以北の日本、朝鮮、中国、モンゴル、ロシアに分布。 山地の草原に生える。 キリンソウの基本種。 キリンソウが岩場や海岸など,より乾燥した環境に生えるのに対して,ホソバノキリンソウは草地に多い。 2011年8月6日 蓼科入笠山 キリン…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

テカリダケキリンソウ

ベンケイソウ科キリンソウ属(マンネングサ属)。 キリンソウの地域変異種。 南アルプスの南部、光岳(てかりだけ)原産。 日本固有種。 生育地:亜高山の岩場や礫地。 光岳は長野県南信濃村と静岡県本川根町の境にある。 ホソバキリンソウに似ているが、茎が赤い。 2015年6月13日 つどいの里
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメツブツメクサ

別名:コゴメツメクサ、キバナツメクサ。 マメ科シャジクソウ属 ヨーロッパ~西アジア原産。 2010年4月25日 湘南 花が終わると花弁を残したまま下を向く。 シャジクソウ属は花が終わっても花弁が落ちないのが特徴。 2014年5月3日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカタイトゴメ

ベンケイソウ科マンネングサ属 タイトゴメは漢字で書くと「大唐米」 大唐米というのは、東南アジアの米、俗にいう外米のこと。 葉が外米に似ていることからの命名だそう。 原産地不明の帰化植物。 タイトゴメは海岸の岩場に生育と書いてあるが、この辺では道端に生えていると思って、調べているうちに、よく似た帰化植物、オカタイトゴメであるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メキシコマンネングサ

ベンケイソウ科マンネングサ属 原産地不明。 メキシコや近隣のアメリカにも自生はないそう。 2012年5月19日 湘南 直立した茎から頂上で7本くらいの枝を水平に出す。 横から。 真上から。 2015年5月4日 湘南 蕾のときは、枝分かれの様子がよく分かり、幾何学模様になっていて面白い。 2015年4月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エンコウソウ

キンポウゲ科 2015年4月23日 湿性花園 2010年5月05日 湿性花園 2010年5月05日 湿性花園 2010年5月05日 湿性花園
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エゾリュウキンカ

キンポウゲ科の多年草。 リュウキンカの変種。 リュウキンカより花も葉もずっと大きい。 2015年4月23日 湿性花園
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

キバナノコマノツメ

黄花の駒の爪。   、学名:Viola biflora L.。 スミレ科スミレ属の多年草。 分布:北半球の寒冷な地方に広く分布する。 生育環境:主に高山、草原や林縁に生えることもある。 草丈:5~20㎝。 花期:6-8月。 2013年6月10日 上高地 唇弁は細長く、褐紫色の筋が入り、上弁と側弁がそり返る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカネスミレ

高嶺菫。    学名::Viola crassa Makino。 スミレ科スミレ属の多年草。 分布:本州中部地方以北~北海道・千島列島・カムチャツカ半島・朝鮮半島・チベットの高山帯。 生育環境:日当りのよい砂礫地。 草丈:5~12cm。 花期:7~8月。 準絶滅危惧。 2010年5月5日 箱根 2014年5月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバキスミレ

大葉黄菫。    学名:Viola brevistipulata。 スミレ科スミレ属の多年草。 分布:北海道から本州の中国地方にかけての山地から亜高山帯。 主に日本海側。 日本特産。 生育環境:山地の林の中や湿った草地。 草丈:10~30㎝。 花期:4月中旬~7月。 2014年5月2日 箱根 花の大きさは1.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニガナ

苦菜。   学名:Ixeris dentata。 キク科ニガナ属の多年草。 分布:日本全土、東アジアの温~亜熱帯。 生育環境:路傍・田畑・山野。 草丈:40~70cm 花期:5~7月 花径:1.5㎝くらい 2009年7月23日 蓼科 舌状花は普通5枚だが、6枚、7枚のものもある。 8~11枚のものをハナニガ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオジシバリ

大地縛り。   別名:ツルニガナ。   学名:Ixeris debilis。 Ixeris japonica。 キク科ニガナ属の多年草。 分布:日本、朝鮮、中国。 生育環境:田のあぜや道端。 ジシバリよりは湿り気のある場所を好む。 草丈:10~30cm 花期:4~5月 花径:2.5~3.5㎝ ジシバリと同じような花だが…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ジシバリ

地縛り。   標準和名:イワニガナ。   学名:Ixeris stolonifera。 キク科ニガナ属の多年草。 分布:日本、中国、朝鮮。 生育環境:日当たりのよい山野から田畑、市街地の道端。 草丈:5~15㎝ 花期:4~7月 花径:2~2.5cm タンポポに似た、黄色い舌状花だけの花。 花びらのように見える舌状花の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キジムシロ

雉莚、雉蓆。   学名:Potentilla fragarioides var. major、シノニム:Potentilla sprengeliana ) バラ科キジムシロ属の多年草。 日本全土、朝鮮に分布。 日当たりのよい雑木林、丘陵地、草原、海岸の岩場などに生育。 草丈::5~30㎝ 花期:4~5月 花径:15-20mm…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバツチグリ

三葉土栗。   学名:Potentilla freyniana バラ科キジムシロ属の多年草。 日本,朝鮮、中国(北部・東北)、ウスリー、アムールに分布。 日当たりのよい丘陵地、草原などで普通に見られる。 花期:4~5月 草丈:15~30cm 花径:10~15mm 2009年5月1日 蓼科 花はヘビイチゴより…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヘビチゴ

蛇苺。   学名:Potentilla hebiichigo、 バラ科ヒビイチゴ属の多年草。 アジア南東部と日本全土に広く分布。 畦道や野原などの湿った草地に自生する。 花期:4~6月。 花径:1.5cm。 2014年4月27日 鎌倉 花弁(花びら)と花弁の間に隙間が開いてがくが見えるのが特徴。 また真中の雌…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more