テーマ:ピンク 野草

シレネ・スカフタ (ヒメサクラマンテマ)

ナデシコ科マンテマ属の多年草。 原産地: コーカサス地方の北部。 生育環境: 山地の斜面の岩礫地。 草丈: 10~15㎝。 サクラマンテマ(シレネ・ペンデュラ)に似ているが、草丈が低く、萼筒は細長く、サクラマンテマのように膨らまない。 2016年2月21日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コマツナギ

マメ科コマツナギ属の落葉小低木。 分布: 本州から九州 朝鮮半島。 生育環境: 日当たりのよい野原や川岸など。 樹高: 50~90㎝。 花期: 6~9月。 葉の脇から円錐花序を出し、淡い紅紫色ないし白の蝶形をした花を開く。 葉は奇数羽状複葉で互生。 小葉の形は楕円形。 葉は夜になると閉じるそう。 2010年8月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオイヌタデ

タデ科イヌタデ属の一年草。 分布:日本全土、朝鮮、中国、台湾、アジア、ヨーロッパ、北アフリカ、北アメリカ、オーストラリア。 生育環境:道端や荒れ地、河原。 草丈:1~2m。 花期:6~9月。 茎は枝分かれする。 葉は長さ15~25cmの披針形で、先は長くとがる。 托葉鞘は筒状で、普通ふちに毛がない。 花序は長さ3~7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオケタデ(オオベニタデ)

タデ科イヌタデ属の一年草。 原産地:中国、インド、マレーシアなど。 江戸時代に観賞用として渡来した帰化植物。 草丈:1~2m。 花期:6~10月。 大型で枝分かれした茎に長い花穂を垂れ下げる。 花はイヌタデの花を大きく、色鮮やかにしたよう。 葉は卵形で先が尖り互生。 茎に毛が多いのが特徴で、名の由来にもなっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルマメ

マメ科ダイズ属 分布:東アジアに広く分布。 生育環境:道端や空き地など。 花期:8~9月。 別名:ノマメ。 大豆(ダイズ)の原種と考えられている。 花径は1センチに満たないが、鮮やかな紅紫色をした蝶形の花が群がってつく。 2014年8月17日 蓼科 2015年9月13日 湘南 葉は3出複葉で互生。 小葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマザキクサフジ

マメ科タマザキクサフジ属。 別名:ツルレンゲ。 英名:クラウンベッチ(Crown Vetch)。 クラウン=王冠、ベッチ=カラスノエンドウ。 ヨーロッパ原産。 夏から秋に淡紅紫色の蝶形花をいくつも固まって咲かせる。 葉の様子からベッチ=カラスノエンドウとかクサフジと名前が付けられたのだろう。 花はレンゲにしている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アノダ・クリスタータ

和名:ニシキアオイ、ミズイロアオイ。 アオイ科ヤノネアオイ属。 北アメリカ、中央アメリカ原産。 草丈:60~120センチ cristata は「鶏冠状の」を意味するそう。 どこが? 葉の脇に淡い紅紫色や白の5弁花を1つずつ付ける。 2015年6月14日 富士見 「葉は三角状のほこ形」と日本のサイトには書いて…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショウキラン

ラン科ショウキラン属。 学名:Yoania japonica。 葉緑体を持たず菌類に寄生する腐生植物。 通年地下茎の形で成育し、7-8月の花期のみ花茎を地上に伸ばし、花を咲かせる。(wikiより) 北海道西南部、本州、四国、九州、屋久島に広く分布。 山地の比較的日当たりが悪い場所に生育。 wikiには花期7-8月とあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミスミソウ(雪割草)

三角草。   学名:Hepatica nobilis var.japonica。   別名:ユキワリソウ。 キンポウゲ科ミスミソウ属の多年草。 分布:本州中部以西から九州。 生育環境:落葉樹林の林床や崖などに生育し、石灰岩地域に多い。 花期:3月。 草丈:10~15㎝。 萼片のように見えるのは茎葉で、花弁のように見えるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タカネビランジ

高嶺ビランジ。   学名:Silene keiskei var. akaisialpina。 ナデシコ科マンテマ属の多年草。 南アルプス特産。  南アルプスの高山の岩場に生える。 オオビランジの高山型の変種。 基準変種のオオビランジは,茎上部や萼が無毛で亜高山帯から低山帯に生える。 花期:8~9月。 草丈:5~20㎝。 花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムシトリナデシコ

虫取り撫子。   学名:Silene armeria。   英名:Sweet William Catchfly。 別名:ハエトリナデシコ、コマチソウ、ムシトリバナ。 ナデシコ科マンテマ属の越年草。 原産地:ヨーロッパ。 生育環境:人家の周辺や路傍。 草丈:30~60㎝。 花期:5~7月。 花径:1㎝。 茎先に円錐花序…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

サクラマンテマ

桜マンテマ。   学名:Silene pendula。   英名: Nodding catchfly。   別名:フクロナデシコ。 ナデシコ科マンテマ属の一年草。 原産地:地中海沿岸地方。 草丈:20~50㎝。 花期:4~7月。 花の色はピンク。 濃いピンクから白まで色幅がある。 花弁は5枚だが、深く切れ込んでいて一見1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロバナマンテマ

白花マンテマ。   学名:Silene gallica var. gallica。   英名:Common catchfly。 ナデシコ科マンテマ属の一年草~越年草。 原産地:ヨーロッパ。 生育環境:海岸の砂浜や草地,海岸に近い都市の植え込み。 草丈:20~50㎝。 花期:5~6月。 花径:1㎝弱。 花弁の先には浅い切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イブキジャコウソウ

伊吹麝香草。 シソ科イブキジャコウソウ属の落葉矮小低木。 海岸から高山帯までの日当たりの良い岩地に生育する 伊吹山に多く、葉をもむと良い香りがする。 ハーブのタイムの仲間。 アジアでは、朝鮮、中国、ヒマラヤに分布する。 つぼみ。 実。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハマダイコン

浜大根。 学名:Raphanus sativus L. var. hortensis Backer f. raphanistroides Makino 英名:Japanese wild radish アブラナ科 ダイコン属。 草丈: 30~70cm。 2年草。 海岸の砂地に生える。 かつてはダイコンが野生化したものとも言われ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニカタバミ

紅片喰。   学名:Oxalis brasiliensis。   別名:オキザリス・ブラジルエンシス。 英名:Brazilian oxalis、Shamrock。 カタバミ科カタバミ属の多年草。 草丈:15~30㎝ 原産地:南米。    大正時代末期に移入された帰化植物。 開花期:4~7月。 常緑で冬越し→春に開花→夏は休眠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イモカタバミ

芋片喰。   学名: Oxalis articulata savigny。    別名:フシネハナカタバミ。   英名:Pink sorrel。 カタバミ科カタバミ属の多年草。 原産地:南アメリカ。   わが国へは戦後に渡来。 (Wikiには「江戸時代末期に観賞用として導入」と書いてあるがこちらの方が正確なのではないかと思う。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラン

紫蘭。   学名: Bletilla striata Reichb。   英名:Chinese ground orchid、 Hardy orchid。 ラン科シラン属の宿根草。 草丈:30㎝。 花期:4~5月。 原産地:日本、台湾、中国。 どこでも栽培されているし、逃げ出して道端にも咲いているが、野生のものは準絶滅危惧種…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

チダケサシ

乳茸刺。   学名:Astilbe microphylla。 ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。 山野の湿った草地に生える。 北海道を除く各地に分布。 草丈:30~80cm。 花期:7~8月。 円錐花序を出し、薄いピンク色の小さな花を多数つける。 側枝は斜上する。 八千穂 2011/08/06撮影 車山 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ハマヒルガオ

浜昼顔。   学名:Calystegia soldanella。 英名:seashore false bindweed、beach morning glory。 ヒルガオ科ヒルガオ属の多年草。 分布:日本全国、アジア、ヨーロッパ、太平洋諸島、オーストラリア、アメリカ太平洋岸。 花期:5~6月。 ヒルガオによく似た花だが、ハ…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

キツネノマゴ

狐の孫。   学名: Justicia procumbens L.。 キツネノマゴ科キツネノマゴ属の一年草。 日本、中国、朝鮮半島に分布。 やや湿ったところを好む。 花期:8-10月。 草丈:10~40cm。 茎が四角く、唇形花で一見シソ科に見えるが、キツネノマゴ科。 キツネノマゴ科の植物は熱帯に多く、温室でよく見かけ…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

サワフジバカマ(市販のフジバカマ)

沢藤袴。   学名:Eupatorium × arakianum。   流通名:フジバカマ。 キク科ヒヨドリバナ属の多年草。 フジバカマ(Eupatorium fortunei、E.japonicum)は中国原産だが、万葉以前の古い時代に日本に入ってきて、かつては秋の七草のひとつとして親しまれてきたが、最近は数を減らし、環境省の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ムラサキフジバカマ

紫藤袴。   別名:濃色フジバカマ。 キク科フジバカマ属の多年草。 中国原産。 学名をEupatorium fortunei としているページもあったが、Eupatorium fortunei は葉が3裂するから違うようだ。 園芸種? 草丈は1m以上あった。 花期:9~10月。 ムラサキヒヨドリバナに比べると小型で、華奢…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ハナトラノオ(カクトラノオ)

花虎の尾。   学名:Physostegia virginiana。   別名:カクトラノオ、ヒソステギア。 英名:Obedient Plant、False Dragonhead。 シソ科ハナトラノオ属の多年草。 北米バージニア州原産。 大正時代に渡来して帰化。 花期」8~9月。 虎のしっぽとは全然似ていないが、長い花穂の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アメリカホドイモ

アメリカ塊芋。   学名:Apios Americana。   別名:アピオス。 英名:Groundnut、Indian potato、Potato bean。 マメ科ホドイモ属のツル性多年草。 原産地:北米。 明治中期に日本に渡来した帰化植物。 花期:6-9月。 マメ科の花としてはちょっと変わった形をしている。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

タイアザミ

大薊。   学名:Cirsium nipponicum var. incomptum。   別名:トネアザミ。  キク科アザミ属の多年草。 ナンブアザミ(Cirsium nipponicum)の変種。 関東、中部地方南部では普通に見られる。 水辺や湿地、林の中に生育。 花期:9~11月。 草丈:1~2m。 花は下向きに咲…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヒレアザミ

鰭薊。   学名:Carduus crispus。   別名:ヤハズアザミ。 英名:Welted thistle、Curled thistle。 ユーラシア大陸に広く分布。   日本のものは古い時代に帰化したものと考えられている。 土手や荒れ地などに生育。 草丈:70~100cm。 花期:5~7月。 茎にも葉にも棘…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミソハギ

禊萩。   学名:Lythrum anceps。   別名:ボンバナ、ショウリョウバナ。 ミソハギ科ミソハギ属の多年草。 日本および朝鮮半島に分布。 湿地や田の畔などに生育。 花期:6~8月。 花弁は6枚で、皺がよっている。 茎は無毛。 花には雌蕊の長さの異なる短花柱花、中花柱花、長花柱花の3型があるそう。 長花…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

セイヨウノコギリソウ

西洋鋸草。   学名:Achillea millefolium。   英名:yarrow。 ヨーロッパ原産の帰化植物。 花期:6~9月。 基本種は白花。 淡いピンクのものもある。  濃いピンクの花。 こちらは拡大すると白や淡いピンクのものとは違っている。 葉は2回~3回、深く羽状に分裂する。 非常に細…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more