テーマ:白 野草

クララ

マメ科。 眩草(くららぐさ)。 外国名のようだが、クララが和名。 根を噛むとクラクラするほど苦いことから、眩草(くららぐさ)と呼ばれ、これが転じてクララと呼ばれるようになったそう。 2015年5月31日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キクザキイチゲ(白)

菊咲一華。   学名:Anemone pseudoaltaica。  別名:キクザキイチリンソウ。 キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。  分布:本州近畿地方以北~北海道。 生育環境:落葉広葉樹林の林床。 花期:早春。 草丈:10~30cm。 花径:2.5~4cm。 春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ユキワリイチゲ(紫)

雪割一華。   学名:Anemone keiskeana。 キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。 分布: 本州の滋賀県から九州にかけて。 日本固有種。 生育環境:林の中や渓流沿い。 花期:3月。 草丈:20~30㎝。 秋に葉を出し、3月に花を開いて初夏には地上部が枯れるスプリング・エフェメラルの一種。 2015年3…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アマナ

ユリ科アマナ属 2015年3月25日 大船植物園 2015年3月14日 大船植物園 2015年3月14日 大船植物園
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アズマシロカネソウ

キンポウゲ科 シロカネソウ属の多年草。 分布 :秋田県から福井県にかけての日本海側。 日本固有種。 生育環境:湿り気のある林の中。 草丈:10~25cm 花期:5~6月。 花のように見えるのは萼。 白っぽい緑色。 裏側はえんじ色。  2015年4月23日 湿性花園
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニリンソウ

キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。 分布: 東アジア。 花期:3~6月。 花径:2㎝。 多くは1本の茎から特徴的に2輪ずつ花茎が伸びる。 1輪や3輪のものもある。 2輪咲き。 2009年5月15日 箱根 3輪咲き。 2014年6月09日 上高地 1輪咲き。 2015年3月25日 大船
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ミスミソウ(雪割草)

三角草。   学名:Hepatica nobilis var.japonica。   別名:ユキワリソウ。 キンポウゲ科ミスミソウ属の多年草。 分布:本州中部以西から九州。 生育環境:落葉樹林の林床や崖などに生育し、石灰岩地域に多い。 花期:3月。 草丈:10~15㎝。 萼片のように見えるのは茎葉で、花弁のように見えるの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオミスミソウ(雪割草)

大三角草。   学名:Hepatica nobilis var.japonica f.magna。 キンポウゲ科ミスミソウ属の常緑の多年草。 分布:本州の日本海側。 生育環境:落葉樹林内。 花期:3月。 草丈:10~15㎝。 花径:1.5~2㎝。 ミスミソウの変種で葉も花もミスミソウより大きく。 また、花の色が多彩。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハルトラノオ

春虎の尾。   学名:Bistorta tenuicaulis。   別名:イロハソウ。 タデ科イブキトラノオ属の多年草。 分布:本州から九州。 日本固有種。 生育環境:やや湿り気のある林の中。 花期:4~5月。 草丈:10~15㎝。 茎の先端に長さ15-35mmの穂状の花序をつける。 花弁はなく、花弁状の萼が5深裂し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユキワリイチゲ

雪割一華。   学名:Anemone keiskeana。 キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。 分布: 本州の滋賀県から九州にかけて。 日本固有種。 生育環境:林の中や渓流沿い。 花期:3月。 草丈:20~30㎝。 秋に葉を出し、3月に花を開いて初夏には地上部が枯れるスプリング・エフェメラルの一種。 根生葉は3小葉か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マメカミツレ

豆加密列。   学名:Cotula australis。 キク科マメカミツレ属の多年草。 原産地:オーストラリア。  花径:3~6㎜。 花期:暖地では通年。 湘南地方では3月~12月。 2015年3月6日撮影 頭花の中央部は両性の筒状花が12~40個つき、花冠の長さ0.5~0.8㎜。 周囲は花冠がない雌しべだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロバナマンテマ

白花マンテマ。   学名:Silene gallica var. gallica。   英名:Common catchfly。 ナデシコ科マンテマ属の一年草~越年草。 原産地:ヨーロッパ。 生育環境:海岸の砂浜や草地,海岸に近い都市の植え込み。 草丈:20~50㎝。 花期:5~6月。 花径:1㎝弱。 花弁の先には浅い切…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニラ

韮。   学名:Allium tuberosum。   英名:Chinese chive。 原産地:中国西部。 草丈:30~40㎝。 花期:8~10月。 花は半球形の散形花序で白い小さな花を20~ 40個つける。 2010年8月21日 茅野 だんだん子房が膨らんでくる。 2011年9月01日 茅野 全…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハタケニラ

畑韮。   学名:Nothoscordum fragrans。   英名:Wild onion, Onion weed, Fragrant false garlic。 ユリ科ステゴビル属の常緑多年草。 原産:北アメリカ南部。 生育環境:荒地や農地、舗装路の裂け目など。 草丈:30~60cm。 花期:5~6月。 花径:1~1.…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アメリカスミレサイシン(プリケアナ)

亜米利加菫細辛。   別名:ワサビスミレ。   学名:Viola sororia。   英名:common blue violet。 北アメリカ原産。 スミレ科スミレ属の多年草。 草丈:10~30㎝ 花径:2~3㎝。 花期:3~5月。 生育環境:湿り気のある林内や草地、道ばた。 ビオラ・ソロリア・プリケアナは別名パンダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカスミレサイシン(白)

亜米利加菫細辛。   別名:ワサビスミレ。   学名:Viola sororia。   英名:common blue violet。 北アメリカ原産。 スミレ科スミレ属の多年草。 草丈:10~30㎝ 花径:2~3㎝。 花期:3~5月。 生育環境:湿り気のある林内や草地、道ばた。 白いものはビオラ・ソロリア・スノー・プリンセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ニョイスミレ

如意菫。   別名:ツボスミレ。   学名:学名:Viola verecunda。 スミレ科スミレ属の多年草。 分布:日本各地から北東アジア。 生育環境:日当たりがよく、湿性の高い所。 草丈:5~25cm。 花期:3~5月。 他のスミレの仲間の花が終わるころに咲く。 長い花茎の先に白い花をつける。 2010年5月4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アリアケスミレ

有明菫。   学名: Viola betonicifolia var. albescens。 スミレ科スミレ属の常緑多年草。 分布:本州~九州。 生育環境:人家近くのやや湿ったところ。 花期:4~5月。 花径:2~2.5㎝ 2010年5月14日 蓼科 花の色は白を基調とするが、唇弁と側弁には紫の筋紋が入る。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コデマリ

小手毬。   古名:スズカケ。   学名:Spiraea cantoniensis。   英名:Reeves spirea。 バラ科シモツケ属の落葉低木。 花期:4月。 高さ:1.5m。 枝は細く、先は枝垂れる。 小さな白い五弁花が多数集合し半球状に固まって咲く。 2010年4月21日 鎌倉 2010年3月1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロバナヘビイチゴ

白花蛇苺。    学名:Fragaria nipponica。 バラ科オランダイチゴ属の多年草。 日本では、本州の宮城県から中部地方まで、および屋久島に分布。 アジアでは、済州島、樺太に分布する。 山地帯~高山帯下部の日当たりの良い草地に生育。 草丈:10~15㎝ 花期:5~7月 花径:10~15㎜ 2013年6…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スズメノエンドウ

雀野豌豆。  学名:Vicia hirsuta。  英名:Hairy Tare。 マメ科ソラマメ属のつる性の越年草。 花期:4~6月。 日本各地、ユーラシア大陸、北アフリカまで広く分布する。 長い柄の先に長さ3、4ミリの蝶形の花を3輪から7輪つける。 2014年4月20日 藤沢市 2014年4月17日 藤沢市 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

フラサバソウ

別名:ツタバイヌノフグリ。 学名:Veronica hederifolia。 英名:Ivy-leaved Speedwell。 ゴマノハグサ科(オオバコ科)クワガタソウ属の越年草。 花期:4月~5月 草丈:10~30cm 花径:4㎜ 原産地:ヨーロッパ オオイヌノフグリなどより発芽の時期が遅く、花期になっても子葉が残っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ソハヤキイカリソウ

襲速紀錨草。 学名:Epimedium multifoliolatum。 メギ科イカリソウ属 の落葉多年草。 奈良と大阪と和歌山にまたがる金剛葛城山系に自生。 キバナイカリソウに含まれるものとする説が有力とのこと。 草丈:20~40cm 花期:春。 2014年4月14日 庭 こちらはキバナイカリソウ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウバユリ

姥百合。   学名:Cardiocrinum cordatum。 ユリ科ウバユリ属の多年草。 主に谷筋などの湿った林下に生育するが、路傍などにも生育する。 一回繁殖型多年草で、芽生えてから花が咲くまでに何年もかかるが、花が咲くとその株は枯れてしまう。 ウバユリとオオウバユリに違いについては、次のように説明されている。 ウバ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ハナチダケサシ

花乳茸刺。   学名:Astilbe thunbergii var. formosa。   別名:ミヤマチダケサシ。 ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。 中部地方に分布。 高原地帯などで草地や林の縁に咲く。 日本固有種。 草丈:40~70cm。 花期:7~8月。 大きな円錐形の総状花序に小さな純白の花を咲かせる。  …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ヒヨドリバナ

鵯花。   漢名:華澤蘭、六月雪。 学名:Eupatorium chinense。 キク科ヒヨドリバナ属の多年草。 花期:8~10月 ヒヨドリバナとヨツバヒヨドリの花はよく似ている。 違いは葉で、ヒヨドリバナの葉は卵状長楕円形で対生、ヨツバヒヨドリは披針形で輪生ということだ。 対生と互生、輪生と互生が混じるものなどあっ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

クサイチゴ

草苺。   学名:Rubus hirsutus。   別名:ワセイチゴ,ナベイチゴ。 バラ科キイチゴ属の落葉小低木。 丈が低く、葉も草質で一見多年草なので、クサイチゴ。 花径:約4センチ。       開いた直後の雄蕊は白いが次第に黒くなる。             2010/04/18撮影 蕾はバ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more