テーマ:白 野草

バイモ

貝母。 別名: アミガサユリ(編笠百合)、テンガイユリ(天蓋百合)。 ユリ科バイモ属の球根植物。 原産地: 中国。 草丈: 40~60cm。 花期: 3~5月。 花径: 3~4cm。 2015年3月25日 大船植物園 2016年3月17日 大船植物園 花びらの内側が綱目模様になっている。 2010年…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ドッコンソウ。

独根草。 流通名: イシワリソウ。 ユキノシタ科オレシトロフェ(ドッコンソウ)属の多年草。 原産地: 中国の河北省や山西省など。 生育環境: 山地の崖や岩場。 草丈: 10~30cm。 花期: 4~5月。 茎先に白い小さな花をつける。 葯の色はピンク。 石割草として流通するものの中には花の色がピンクのものもある。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シレネ・ブルガリス

別名: シラタマソウ、 ブラッダーキャンピオン、 シレネ・ユニフローラ。 ナデシコ科マンテマ属の多年草。 原産地: 中央ヨーロッパ。 草丈: 60~100cm。 スイスでは雑草扱いということ。 丈夫で、日本でも蓼科あたりでは帰化している。  萼は緑色で丸く膨らみ、花は白い。 2015年8月15日 蓼科
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラー・シベリカ

キジカクシ(ユリ)科ツルボ属の球根植物。 原産地: ロシア、ウクライナ、グルジア。 草丈: 10cm~15cm。 花期: 2月~4月。 シベリカは「シベリアの」という意味。 なぜか園芸店ではシラー・シビリカとして売っている。 2015年3月25日 大船植物園 白花もある。 2010年5月14日 蓼科
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

秋咲きスノードロップ

ガランサス・レギナエ・オルガエ。 原産地: トルコなどエーゲ海周辺。 北方系のスノードロップは早春に咲くが、エーゲ海周辺原産の種は秋に咲く。 11月12日 湘南 12月8日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セツブンソウ

キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草。 分布: 関東地方から中国地方にかけて。 日本固有種。 環境省のレッドリスト(2007)では、準絶滅危惧(NT)に登録されている。 生育環境: 石灰岩地帯の落葉樹林内の斜面。 定期的な草刈りの行われている北向き斜面に多い。 花期: 2~3月。 草丈: 10cmくらい。 花径: 2cm。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバオウレン

キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。 別名: カタバミオウレン。 分布: 日本では北海道から本州の中部地方にかけて。 海外では、北半球の寒帯から亜寒帯に広く分布する。 生育環境: 亜高山帯から高山帯の針葉樹林内や林縁、湿地。 花期: 6~8月。 草丈: 5~10cm。 花径: 7-10mm。 花弁のように見えるのは萼片…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバノバイカオウレン(実)

キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。 別名: コシジオウレン(越路黄蓮)。 原産地: 日本。 日本固有種。 分布: 本州の中部地方から東北地方の日本海側。 生育環境: 亜高山帯から高山帯の針葉樹林の林床や林縁。 花期: 5-8月。 草丈: 7-15cm。 花径: 12-15mm。 白い花弁にみえるのは萼片で5枚あり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイカオウレン

キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。 別名: ゴカヨウオウレン。 原産地: 日本。 日本固有種。 生育環境: 山地から亜高山帯。 森林内にある、腐植質に富んだ湿った場所。 花期: 近畿以西では低山地に生え、早春に開花、中部以北では、亜高山帯の針葉樹林体に多く、開花は初夏。 草丈: 4-15cm。 花径: 12-18mm。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツルコウジ(大実のヤブコウジ)

流通名:大実のヤブコウジ サクラソウ科ヤブコウジ属のつる性常緑低木。 花期: 6~8月 樹高: 10~15㎝ 生育環境: 山地の林内。 房総半島以西の海辺の山に多い。 分布: 日本房総半島以西、朝鮮、中国、マレーシア、フィリピン。 ヤブコウジに似ているが、ヤブコウジは葉の鋸歯が細かく、茎が地上を這わない。 花期…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マイヅルソウ

ユリ科マイヅルソウ属→キジカクシ科スズラン亜科マイヅルソウ属の多年草。 分布: 日本、北米、ロシア東部、朝鮮半島 生育環境: 山地帯上部から亜高山帯の針葉樹林。 草丈: 10-20cm。 花期: 5-7月。 2枚のハート形の葉の間から茎を伸ばし、白色の小六弁花を総状花序につける。 2010年6月17日 蓼科 蕾…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コマツナギ

マメ科コマツナギ属の落葉小低木。 分布: 本州から九州 朝鮮半島。 生育環境: 日当たりのよい野原や川岸など。 樹高: 50~90㎝。 花期: 6~9月。 葉の脇から円錐花序を出し、淡い紅紫色ないし白の蝶形をした花を開く。 葉は奇数羽状複葉で互生。 小葉の形は楕円形。 葉は夜になると閉じるそう。 2010年8月…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクチリソバ

タデ科ソバ属の多年草。 別名: 宿根ソバ、 野菜ソバ。 原産地:北インドから中国。 帰化植物。 昭和のはじめに小石川植物園に栽植されたものが逃げ出して野生化。 分布: 本州・四国・九州。 生育環境: 人里・田畑,河原・渓流,原野・草原,都市・市街地。 草丈: 50~100㎝。 茎の上部の葉の脇から花柄を出して2つから3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオイヌタデ

タデ科イヌタデ属の一年草。 分布:日本全土、朝鮮、中国、台湾、アジア、ヨーロッパ、北アフリカ、北アメリカ、オーストラリア。 生育環境:道端や荒れ地、河原。 草丈:1~2m。 花期:6~9月。 茎は枝分かれする。 葉は長さ15~25cmの披針形で、先は長くとがる。 托葉鞘は筒状で、普通ふちに毛がない。 花序は長さ3~7…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

チヂミグサ

イネ科チヂミザサ属の多年草。 別名:コチヂミグサ。 分布:朝鮮・中国・旧世界の温帯~亜熱帯 生育環境:竹林・雑木林・林縁など。 花期:8~11月。 和名は、葉の形がササに似ていて、やや縮んだようなしわがあることから。 実はヒッツキ虫。 2014年9月28日 湘南 2015年9月27日 湘南 波打っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハダカホオズキ

ナス科ハダカホオズキ属の多年草。 本州~沖縄、東南アジアの熱帯、亜熱帯域に広く分布する。 やや湿り気のある林縁に生える。 草丈:60~90cm。 花期:8-9月 2~4個の花柄が葉腋から下がり、下向きに花をつける。 花は白から次第に淡黄色になる。 2015年9月13日 湘南 液果は球形で径6-7mm、赤く熟す…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

タコノアシ

タコノアシ科の多年草。 かつてはユキノシタ科とされていた。花の形態などはベンケイソウ科に近く、ベンケイソウ科に入れる説もある。 本のほか東アジア一帯に分布。 湿地や沼、休耕田など、湿った場所に生育する。 準絶滅危惧(NT)(環境省レッドリスト)。 花期:8~10月。 花は径4~5mm、ふつう花弁はなく、全体が黄緑色なので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サンカヨウ

山荷葉。 荷葉というのはハスの葉のことだそう。 メギ科サンカヨウ属の多年草。 山地~亜高山の木陰や林縁に生える。 北海道から本州の中国地方にかけて分布。 サハリンにも分布。 花期:5~7月。 茎の先に3~15輪くらいまとまってつく。 花びらは6枚、花径は2㎝くらい。 咲いているのは5~7日だそうで、咲きそろったところを…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

シロバナウツボグサ

シソ科ウツボグサ属の多年草。 北海道~九州の山野の草地や道ばたに生える。 草丈:10~30cm。 花期:6~8月。 ウツボグサの白花種。 茎、葉、花序に白い毛がある。 茎の先に長さ3~8cmの花穂をつくり、白色の唇形花を密につける。 葉は対生し、長さ2~5cmの長楕円状披針形。 2014年8月28日  麦草 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバイケイソウ

ユリ科シュロソウ属の多年草。 北海道から本州の中部地方に分布。 日本固有種。 亜高山や高山の湿った草地や湿原に生育。 草丈:50~150cm。 花期:6月~8月。 和名の由来は、花が「梅」に、葉が中国産の「蕙蘭」に似ており、梅蕙草(バイケイソウ)より小振りなことから。 根茎にアルカロイドを含み、有毒。 花を咲かせるに十分な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオヤマフスマ

ナデシコ科オオヤマフスマ属。 別名:ヒメタガソデソウ。 北半球の温帯に広く分布。 深山から亜高山帯に多い。 日当たりのよい草地や明るい林の中に生える。 草丈:10~20cm。 「ふすま」を漢字で書くと、襖、麩、衾の3つがあるが、この場合は衾。 漢字で書くと大山衾。 大山-衾ではなくて、大-山衾らしい。 草姿が里に咲く「…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ギンリョウソウ

イチヤクソウ科ギンリョウソウ属。 別名: ユウレイダケ 。 葉緑素を持たず、落ち葉などを養分にして育つ。 腐生植物。 日本全土、 サハリン、朝鮮半島、中国、台湾に分布。 湿り気のある林の中に生育。 草丈:10~20cm。 茎は直立した円柱状。 茎先に壺状円筒形の花を1個だけ下向きにつける。 2015年6月18日 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロバナグンナイフウロ

フウロソウ科フウロソウ属。 本州の中部地方に分布。 日本固有種。 山地や亜高山の草地や林の中に生育。 草丈:50~80cm。 グンナイフウロの白花種。 茎の上部で枝分かれをし、先に花径3cmくらいの白い5弁花を下向きにつける。 雌しべや雄しべが前に突き出る。 2015年6月17日 上高地 花の色は淡い紫色を帯…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ズダヤクシュ

ユキノシタ科ズダヤクシュ属。 北海道から四国にかけて分布。 海外では、朝鮮半島、中国、ヒマラヤにも分布。 生育地:山地の林の中で湿り気の多い所。 草丈:10~30センチ。 「ズダ」というのは長野県の方言で喘息のことであり、その薬になるというのが名の由来。 茎先に総状花序)を出し、白い小さな鐘状の花を下向きにつける。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマクワガタ

ゴマノハグサ科クワガタソウ属。 関東地方の北部から中部地方にかけて分布 日本固有種。 亜高山や高山のやや湿った林の中に生える。 上部の葉腋から出る短い総状花序に花を3~8個つける。 葉は広卵形で対生。 茎に毛。 花の色は直径約8㎜、皿形。花冠は4裂し、花弁の色は白だが、一部淡紅紫色を帯びる。 2015年6月17日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミヤマカラマツ

キンポウゲ科カラマツソウ属。 日本、朝鮮半島、中国東北部、アムール地方に分布。 亜高山の林の中や林の縁に生える。 茎先に白ないし淡い紫色の花をつける。 花弁はなく、萼片も早くに落ちてしまう。 花弁のように見えるのは雄しべの花糸である。 ミヤマカラマツは雄しべの花糸の基部が細くなり柄状になる。 よく似たカラマツソウで…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クルマバソウ

アカネ科クルマバソウ属 北海道から本州 北半球に広く分布。 平地や山地の道端や林の中などに生育。 全草にクマリンという芳香成分を含む。 茎の上部に花径4mmくらいの白い小さな花を数輪つける。 花は漏斗形で、先が十字状に深く4つに裂ける。 雄しべは4本。 2015年6月17日 上高地 2010年5月17日 つど…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タガソデソウ

ナデシコ科ミミナグサ属。 中部地方、朝鮮半島や中国、シベリアに分布。 山地や亜高山の草地や林の縁などに成育。 絶滅危惧II類(VU) 花径15ミリから20ミリくらいの白い花を集散花序につける。 葉は細長い卵形で、対生。 2013年6月9日 上高地 2014年6月8日 上高地 花弁が細いものもあった。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカフウロ

フウロソウ科フウロソウ属。 北アメリカ原産。 帰化植物。 花の色は淡いピンクと書いてあるが、近所のは白。 2010年5月10日 湘南 2012年5月19日 湘南 2010年3月16日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more