テーマ:日本固有種

セツブンソウ

キンポウゲ科セツブンソウ属の多年草。 分布: 関東地方から中国地方にかけて。 日本固有種。 環境省のレッドリスト(2007)では、準絶滅危惧(NT)に登録されている。 生育環境: 石灰岩地帯の落葉樹林内の斜面。 定期的な草刈りの行われている北向き斜面に多い。 花期: 2~3月。 草丈: 10cmくらい。 花径: 2cm。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ミツバノバイカオウレン(実)

キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。 別名: コシジオウレン(越路黄蓮)。 原産地: 日本。 日本固有種。 分布: 本州の中部地方から東北地方の日本海側。 生育環境: 亜高山帯から高山帯の針葉樹林の林床や林縁。 花期: 5-8月。 草丈: 7-15cm。 花径: 12-15mm。 白い花弁にみえるのは萼片で5枚あり、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

バイカオウレン

キンポウゲ科オウレン属の常緑多年草。 別名: ゴカヨウオウレン。 原産地: 日本。 日本固有種。 生育環境: 山地から亜高山帯。 森林内にある、腐植質に富んだ湿った場所。 花期: 近畿以西では低山地に生え、早春に開花、中部以北では、亜高山帯の針葉樹林体に多く、開花は初夏。 草丈: 4-15cm。 花径: 12-18mm。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タケシマラン

ユリ科タケシマラン属の多年草。 本州中部地方以北に分布。 日本固有種。 山地帯上部から亜高山帯の針葉樹林内に生育。 草丈:20-50cm。 花期:6月。 葉腋から関節がない花柄を伸ばし、1個ずつ淡紅色の花をつける。 2014年6月12日 麦草 まだ緑色の実。 2014年7月26日 麦草 実が赤く…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コバイケイソウ

ユリ科シュロソウ属の多年草。 北海道から本州の中部地方に分布。 日本固有種。 亜高山や高山の湿った草地や湿原に生育。 草丈:50~150cm。 花期:6月~8月。 和名の由来は、花が「梅」に、葉が中国産の「蕙蘭」に似ており、梅蕙草(バイケイソウ)より小振りなことから。 根茎にアルカロイドを含み、有毒。 花を咲かせるに十分な…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シロバナグンナイフウロ

フウロソウ科フウロソウ属。 本州の中部地方に分布。 日本固有種。 山地や亜高山の草地や林の中に生育。 草丈:50~80cm。 グンナイフウロの白花種。 茎の上部で枝分かれをし、先に花径3cmくらいの白い5弁花を下向きにつける。 雌しべや雄しべが前に突き出る。 2015年6月17日 上高地 花の色は淡い紫色を帯…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ミヤマクワガタ

オオバコ科ルリトラノオ属。 キクバクワガタの亜種。 原産地:中部以北、 環境:高山隊の砂礫地 。 日本固有種。 草丈:15cm。 花茎から青紫色の小花を多数穂状につける。 花は青紫地に濃紫色の筋が入る。 花冠は4裂し、横向きに咲く。 4深裂した花冠の中央から長い1本の雌しべ、両脇から2本の雄シベが突き出る。 葉…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヤマクワガタ

ゴマノハグサ科クワガタソウ属。 関東地方の北部から中部地方にかけて分布 日本固有種。 亜高山や高山のやや湿った林の中に生える。 上部の葉腋から出る短い総状花序に花を3~8個つける。 葉は広卵形で対生。 茎に毛。 花の色は直径約8㎜、皿形。花冠は4裂し、花弁の色は白だが、一部淡紅紫色を帯びる。 2015年6月17日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ショウキラン

ラン科ショウキラン属。 学名:Yoania japonica。 葉緑体を持たず菌類に寄生する腐生植物。 通年地下茎の形で成育し、7-8月の花期のみ花茎を地上に伸ばし、花を咲かせる。(wikiより) 北海道西南部、本州、四国、九州、屋久島に広く分布。 山地の比較的日当たりが悪い場所に生育。 wikiには花期7-8月とあ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハクサンボク

別名:イセビ スイカズラ科ガマズミ属 愛知県近辺の太平洋岸、伊豆諸島、山口県、九州、沖縄などに分布。 山野や海岸に生える。 日本固有種。 枝先にいくつも集まって小さな白い5弁花をつける。 雄しべは5本。 葉は幅の広い卵形で対生。 葉の表面には艶があり、浅い鋸歯がある。 2010年5月2日 湘南 2010年4…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キクザキイチゲ(白)

菊咲一華。   学名:Anemone pseudoaltaica。  別名:キクザキイチリンソウ。 キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。  分布:本州近畿地方以北~北海道。 生育環境:落葉広葉樹林の林床。 花期:早春。 草丈:10~30cm。 花径:2.5~4cm。 春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

ユキワリイチゲ(紫)

雪割一華。   学名:Anemone keiskeana。 キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。 分布: 本州の滋賀県から九州にかけて。 日本固有種。 生育環境:林の中や渓流沿い。 花期:3月。 草丈:20~30㎝。 秋に葉を出し、3月に花を開いて初夏には地上部が枯れるスプリング・エフェメラルの一種。 2015年3…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アズマシロカネソウ

キンポウゲ科 シロカネソウ属の多年草。 分布 :秋田県から福井県にかけての日本海側。 日本固有種。 生育環境:湿り気のある林の中。 草丈:10~25cm 花期:5~6月。 花のように見えるのは萼。 白っぽい緑色。 裏側はえんじ色。  2015年4月23日 湿性花園
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオミスミソウ(雪割草)

大三角草。   学名:Hepatica nobilis var.japonica f.magna。 キンポウゲ科ミスミソウ属の常緑の多年草。 分布:本州の日本海側。 生育環境:落葉樹林内。 花期:3月。 草丈:10~15㎝。 花径:1.5~2㎝。 ミスミソウの変種で葉も花もミスミソウより大きく。 また、花の色が多彩。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハルトラノオ

春虎の尾。   学名:Bistorta tenuicaulis。   別名:イロハソウ。 タデ科イブキトラノオ属の多年草。 分布:本州から九州。 日本固有種。 生育環境:やや湿り気のある林の中。 花期:4~5月。 草丈:10~15㎝。 茎の先端に長さ15-35mmの穂状の花序をつける。 花弁はなく、花弁状の萼が5深裂し…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユキワリイチゲ

雪割一華。   学名:Anemone keiskeana。 キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。 分布: 本州の滋賀県から九州にかけて。 日本固有種。 生育環境:林の中や渓流沿い。 花期:3月。 草丈:20~30㎝。 秋に葉を出し、3月に花を開いて初夏には地上部が枯れるスプリング・エフェメラルの一種。 根生葉は3小葉か…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キクザキイチゲ

菊咲一華。   学名:Anemone pseudoaltaica。  別名:キクザキイチリンソウ。 キンポウゲ科イチリンソウ属の多年草。  分布:本州近畿地方以北~北海道。 生育環境:落葉広葉樹林の林床。 花期:早春。 草丈:10~30cm。 花径:2.5~4cm。 春先に花を咲かせ、落葉広葉樹林の若葉が広がる頃には地上部…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオバキスミレ

大葉黄菫。    学名:Viola brevistipulata。 スミレ科スミレ属の多年草。 分布:北海道から本州の中国地方にかけての山地から亜高山帯。 主に日本海側。 日本特産。 生育環境:山地の林の中や湿った草地。 草丈:10~30㎝。 花期:4月中旬~7月。 2014年5月2日 箱根 花の大きさは1.…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナチダケサシ

花乳茸刺。   学名:Astilbe thunbergii var. formosa。   別名:ミヤマチダケサシ。 ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。 中部地方に分布。 高原地帯などで草地や林の縁に咲く。 日本固有種。 草丈:40~70cm。 花期:7~8月。 大きな円錐形の総状花序に小さな純白の花を咲かせる。  …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

チダケサシ

乳茸刺。   学名:Astilbe microphylla。 ユキノシタ科チダケサシ属の多年草。 山野の湿った草地に生える。 北海道を除く各地に分布。 草丈:30~80cm。 花期:7~8月。 円錐花序を出し、薄いピンク色の小さな花を多数つける。 側枝は斜上する。 八千穂 2011/08/06撮影 車山 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

クサボタン

草牡丹。   学名:Clematis stans。 キンポウゲ科センニンソウ属の多年草(落葉小低木とする説もある)。 本州の山地・低山,森林・林縁,河原・渓流に分布とあるが、実際には北海道にも自生するそうだ。 http://mytown.asahi.com/hokkaido/news.php?k_id=01000720909300…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

シモツケソウ

下野草。   学名:Filipendula multijuga。  別名:クサシモツケ(草下野)。 バラ科シモツケソウ属の多年草。 関東地方以西に分布。 沢沿いなどの湿った草地に生育。 名前の由来はシモツケに似ているが、草だから。 シモツケと同じ時期に咲く。 これは栽培品。 普通はこんな風に草の中に咲く。 …
トラックバック:0
コメント:8

続きを読むread more

ヤマルリソウ

山瑠璃草。  学名:Omphalodes japonica。  ムラサキ科ルリソウ属の多年草。 日本固有種。 福島県以南から九州に分布する。 山地のやや湿ったところに生える。 草丈:10~20cm。 根生葉のロゼットから四方に茎を這わせてその先に花径1cm程の花をつける。 真ん中が白い。 花の色はブルーが一般的だが、…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

アズマシロカネソウ

東白銀草。   学名:Dichocarpum nipponicum。 キンポウゲ科シロカネソウ属の多年草。 東北,関東,中部に分布。 山地の林内や渓流沿いに生える。 花期:4~6月。 花径:1cm。 花びらに見えるのは萼。 萼は5枚で一部は外側が紫色を帯びるのが特徴。 花はうつむき加減に咲く。 横から見たところ。…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

オオバユキザサ

大葉雪笹。 学名:Smilacina hondoensis。 別名:ヤマトユキザサ、ミドリユキザサ。 ユリ科ユキザサ属の多年草。 奈良県以北から中部地方に分布。 深山や亜高山帯の林内に生える。 雌雄異株。 草丈:20~70cmと書いてあるものもあるし、70cm~100cmと書いてあるものもある。 花期:5~7月。 湿生…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

シラネアオイ

白根葵。  学名:Glaucidium palmatum。 英名:Japanese Wood Poppy。 別名:ヤマフヨウ、ハルフヨウ。 キンポウゲ科(シラネアオイ科)シラネアオイ属の多年草。 1属1種の日本固有種。 北海道~本州中北部の日本海側にかけて分布。 低地~山地の林内、谷間の斜面に生える。 花期:5~7月。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ハマギク

浜菊。 学名:Nipponanthemum nipponicum。 英名: Nippon daisy。 キク科ニッポナンテムム属の多年草。 青森県八戸市を北限として南は茨城県までの太平洋沿岸に自生。 Nipponanthemumという属名は「日本の花」という意味。 1属1種で日本特産。 「日本の」というときは学名ならjap…
トラックバック:1
コメント:8

続きを読むread more

イソギク

磯菊。 別名:イワギク。 キク科キク属の多年草。 千葉県犬吠崎から静岡県の御前崎に至る海岸の崖地に自生。 原産地:日本。 葉は厚く、表は緑色だが、裏側は白い毛が密生する。 毛は葉の縁まであるので表面から見ると葉が白く縁取られているように見える。 花期は10末~11月 花径:1.5cm  筒状花だけだが、上を向いて咲く…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

キバナアキギリ((サルビア・ニッポニカ))

黄花秋桐。  シソ科アキギリ属の多年草。 名前は紫色の花をつけるアキギリに対して、黄色い花をつけることから。 暗紫色で長く伸び、先端が2つに分かれている雌しべが面白い。      つどいの里    2009/09/06撮影 ところで、アキギリの名前の由来は秋に桐に似た花を咲かせるから、とか葉が桐に似ているとか書いて…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ママコナ

飯子菜。 ゴマノハグサ科ママコナ属の一年草。 花期:6~8月 半寄生植物でイネ科やカヤツリグサ科の植物の根に寄生するそうだ。 葉が緑で光合成も行えるので寄生しないでも生きられる。 宿主がいる場合には大きくなるが、宿主がいない場合には小さい。      蓼科1700m   2009/08/19撮影 ミヤマママコナ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more