テーマ:帰化植物

シレネ・ブルガリス

別名: シラタマソウ、 ブラッダーキャンピオン、 シレネ・ユニフローラ。 ナデシコ科マンテマ属の多年草。 原産地: 中央ヨーロッパ。 草丈: 60~100cm。 スイスでは雑草扱いということ。 丈夫で、日本でも蓼科あたりでは帰化している。  萼は緑色で丸く膨らみ、花は白い。 2015年8月15日 蓼科
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シャクチリソバ

タデ科ソバ属の多年草。 別名: 宿根ソバ、 野菜ソバ。 原産地:北インドから中国。 帰化植物。 昭和のはじめに小石川植物園に栽植されたものが逃げ出して野生化。 分布: 本州・四国・九州。 生育環境: 人里・田畑,河原・渓流,原野・草原,都市・市街地。 草丈: 50~100㎝。 茎の上部の葉の脇から花柄を出して2つから3…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オオケタデ(オオベニタデ)

タデ科イヌタデ属の一年草。 原産地:中国、インド、マレーシアなど。 江戸時代に観賞用として渡来した帰化植物。 草丈:1~2m。 花期:6~10月。 大型で枝分かれした茎に長い花穂を垂れ下げる。 花はイヌタデの花を大きく、色鮮やかにしたよう。 葉は卵形で先が尖り互生。 茎に毛が多いのが特徴で、名の由来にもなっている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ルドベキア・ヒルタ(グロリオサデージー)

別名:キヌガサギク、アラゲハンゴンソウ。 学名:Rudbeckia hirta。 北アメリカ原産のキク科オオハンゴンソウ属の2年草。 高さ1m弱で、頭花は5cmくらい、単生し花弁約14枚、中央部は暗褐色または黒色。 オオハンゴンソウが黄緑色のとんがり帽子なのに対し、アラゲハンゴンソウは暗褐色のとんがり帽子。 花のアップ。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナガサギク(ヤエオオハンゴンソウ)

キク科オオハンゴンソウ(ルドベキア)属の多年草。 北アメリカ原産の帰化植物。 オオハンゴンソウの八重咲き種。 花径5~10cmのポンポン咲き。 八重で種ができないから、それほど繁殖力が強くないと思うが、特定外来植物。 オオハンゴンソウ同様、葉は互生し、下方の葉は羽状に5~7裂、上方の葉は3~5裂または無分裂となる。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キクイモモドキ

菊芋擬き。 別名:ヒメヒマワリ、ヘリオプシス、 宿根ヒマワリ。 北米原産のキク科キクイモモドキ属の多年草。 北アメリカ原産。 日本には明治時代の中頃に渡来した帰化植物。 草丈1~1.5m、 株立ちとなる。 花期:夏~初秋 花はキクイモより小さく、ぽってりとした感じ。  花径5~7cm、黄色または橙黄色。 舌状花8~15枚…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ナガバミズアオイ(ポンテデリア・コルダタ)

ミズアオイ科ボンテテリア属の抽水植物。 北米原産。  琵琶湖あたりでは野生化。 湿地や池沼などに生える。 花期:5~11月。 草丈:2mくらい。 花はホテイアオイに似ている。 葉は細長いハート型で先が尖る。  2011年6月30日 湘南 細葉というほど、葉は細くない。 もっと葉が細い、ホソナガバミズアオ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コウリンタンポポ

キク科ヤナギタンポポ属の多年草。 ヨーロッパ原産。 中部以北で野生化。 草丈:20~50cm。 花期:6~8月。 茎先に総状花序を出し、10輪くらいの花をつける。 2012年6月12日 糸萱村 2014年8月25日 蓼科 根生葉葉はロゼット状となる。 葉は先が丸いへら状で、全縁。 2015年6月6日…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

タマザキクサフジ

マメ科タマザキクサフジ属。 別名:ツルレンゲ。 英名:クラウンベッチ(Crown Vetch)。 クラウン=王冠、ベッチ=カラスノエンドウ。 ヨーロッパ原産。 夏から秋に淡紅紫色の蝶形花をいくつも固まって咲かせる。 葉の様子からベッチ=カラスノエンドウとかクサフジと名前が付けられたのだろう。 花はレンゲにしている。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカフウロ

フウロソウ科フウロソウ属。 北アメリカ原産。 帰化植物。 花の色は淡いピンクと書いてあるが、近所のは白。 2010年5月10日 湘南 2012年5月19日 湘南 2010年3月16日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

コメツブツメクサ

別名:コゴメツメクサ、キバナツメクサ。 マメ科シャジクソウ属 ヨーロッパ~西アジア原産。 2010年4月25日 湘南 花が終わると花弁を残したまま下を向く。 シャジクソウ属は花が終わっても花弁が落ちないのが特徴。 2014年5月3日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オカタイトゴメ

ベンケイソウ科マンネングサ属 タイトゴメは漢字で書くと「大唐米」 大唐米というのは、東南アジアの米、俗にいう外米のこと。 葉が外米に似ていることからの命名だそう。 原産地不明の帰化植物。 タイトゴメは海岸の岩場に生育と書いてあるが、この辺では道端に生えていると思って、調べているうちに、よく似た帰化植物、オカタイトゴメであるこ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セリバヒエンソウ

キンポウゲ科デルフィニウム属 中国原産。明治時代に渡来 2015年4月22日 広町緑地 2015年5月14日 北鎌倉
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マメカミツレ

豆加密列。   学名:Cotula australis。 キク科マメカミツレ属の多年草。 原産地:オーストラリア。  花径:3~6㎜。 花期:暖地では通年。 湘南地方では3月~12月。 2015年3月6日撮影 頭花の中央部は両性の筒状花が12~40個つき、花冠の長さ0.5~0.8㎜。 周囲は花冠がない雌しべだけ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムシトリナデシコ

虫取り撫子。   学名:Silene armeria。   英名:Sweet William Catchfly。 別名:ハエトリナデシコ、コマチソウ、ムシトリバナ。 ナデシコ科マンテマ属の越年草。 原産地:ヨーロッパ。 生育環境:人家の周辺や路傍。 草丈:30~60㎝。 花期:5~7月。 花径:1㎝。 茎先に円錐花序…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

サクラマンテマ

桜マンテマ。   学名:Silene pendula。   英名: Nodding catchfly。   別名:フクロナデシコ。 ナデシコ科マンテマ属の一年草。 原産地:地中海沿岸地方。 草丈:20~50㎝。 花期:4~7月。 花の色はピンク。 濃いピンクから白まで色幅がある。 花弁は5枚だが、深く切れ込んでいて一見1…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハタケニラ

畑韮。   学名:Nothoscordum fragrans。   英名:Wild onion, Onion weed, Fragrant false garlic。 ユリ科ステゴビル属の常緑多年草。 原産:北アメリカ南部。 生育環境:荒地や農地、舗装路の裂け目など。 草丈:30~60cm。 花期:5~6月。 花径:1~1.…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

アメリカスミレサイシン(プリケアナ)

亜米利加菫細辛。   別名:ワサビスミレ。   学名:Viola sororia。   英名:common blue violet。 北アメリカ原産。 スミレ科スミレ属の多年草。 草丈:10~30㎝ 花径:2~3㎝。 花期:3~5月。 生育環境:湿り気のある林内や草地、道ばた。 ビオラ・ソロリア・プリケアナは別名パンダ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカスミレサイシン(白)

亜米利加菫細辛。   別名:ワサビスミレ。   学名:Viola sororia。   英名:common blue violet。 北アメリカ原産。 スミレ科スミレ属の多年草。 草丈:10~30㎝ 花径:2~3㎝。 花期:3~5月。 生育環境:湿り気のある林内や草地、道ばた。 白いものはビオラ・ソロリア・スノー・プリンセ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アメリカスミレサイシン(紫)

亜米利加菫細辛。   別名:ワサビスミレ。   学名:Viola sororia。   英名:common blue violet。 北アメリカ原産。 スミレ科スミレ属の多年草。 基本種は紫色。 ビオラ・ソロリア・パピリオナケア(papilionacea)。 白いものも、赤紫のもの、絞りや斑点入りのものも、みなcommo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

フラサバソウ

別名:ツタバイヌノフグリ。 学名:Veronica hederifolia。 英名:Ivy-leaved Speedwell。 ゴマノハグサ科(オオバコ科)クワガタソウ属の越年草。 花期:4月~5月 草丈:10~30cm 花径:4㎜ 原産地:ヨーロッパ オオイヌノフグリなどより発芽の時期が遅く、花期になっても子葉が残っている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ベニカタバミ

紅片喰。   学名:Oxalis brasiliensis。   別名:オキザリス・ブラジルエンシス。 英名:Brazilian oxalis、Shamrock。 カタバミ科カタバミ属の多年草。 草丈:15~30㎝ 原産地:南米。    大正時代末期に移入された帰化植物。 開花期:4~7月。 常緑で冬越し→春に開花→夏は休眠…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イモカタバミ

芋片喰。   学名: Oxalis articulata savigny。    別名:フシネハナカタバミ。   英名:Pink sorrel。 カタバミ科カタバミ属の多年草。 原産地:南アメリカ。   わが国へは戦後に渡来。 (Wikiには「江戸時代末期に観賞用として導入」と書いてあるがこちらの方が正確なのではないかと思う。) …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

セイヨウカラシナ

西洋芥子菜。   学名:Brassica juncea。    英名:brown mustard、indian mustard、leaf mustard。 アブラナ科アブラナ属の二年草。 アブラナとクロガラシの雑種。 ヨーロッパ原産。 食用として導入されたものが野生化。 種子はからしの原料となる。 花が小さく、華奢な菜の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ムラサキハナナ

紫花菜。   学名:Orychophragmus violaceus。 別名:ショカツサイ(諸葛采)、オオアラセイトウ、ハナダイコン、シキンソウ(紫金草) アブラナ科オオアラセイトウ属の越年草。 原産地:中国。  日本、ヨーロッパ南部に帰化。 日本には観賞用および油を採取するため、遅くとも19世紀末には導入され、20世紀中頃から…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ハナトラノオ(カクトラノオ)

花虎の尾。   学名:Physostegia virginiana。   別名:カクトラノオ、ヒソステギア。 英名:Obedient Plant、False Dragonhead。 シソ科ハナトラノオ属の多年草。 北米バージニア州原産。 大正時代に渡来して帰化。 花期」8~9月。 虎のしっぽとは全然似ていないが、長い花穂の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アメリカホドイモ

アメリカ塊芋。   学名:Apios Americana。   別名:アピオス。 英名:Groundnut、Indian potato、Potato bean。 マメ科ホドイモ属のツル性多年草。 原産地:北米。 明治中期に日本に渡来した帰化植物。 花期:6-9月。 マメ科の花としてはちょっと変わった形をしている。 …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

チョウセンシオン

朝鮮紫苑。   学名:Aster koraiensis - Nakai。  別名:チョウセンヨメナ。 キク科アスター属の多年草。 原産地:朝鮮半島。 大正時代に観賞用として渡来。 広く栽培されるとともに、一部で帰化。 花期:6~9月。 草丈:40~80cm。 シオンによく似た花。 舌状花は淡い紫色で筒状花は黄色。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more