テーマ:ピンク 園芸草花

シレネ・スカフタ (ヒメサクラマンテマ)

ナデシコ科マンテマ属の多年草。 原産地: コーカサス地方の北部。 生育環境: 山地の斜面の岩礫地。 草丈: 10~15㎝。 サクラマンテマ(シレネ・ペンデュラ)に似ているが、草丈が低く、萼筒は細長く、サクラマンテマのように膨らまない。 2016年2月21日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プリムラ・ポリアンサ

サクラソウ科の常緑多年草(暑さに弱いので一年草扱い) 草丈: 12~20㎝ 花期: 11月~4月 2016年1月11日 湘南 プリムラ・ポリアンサはヨーロッパ原産のP・エラチオール(Primula elatior)、P・ブルガリス(P. vulgaris)、P・ベリス(P. veris)などが交雑されて育成された品種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

プレクトランサス・ピンククリッカー

シソ科の多年草。 分布: アジア、アフリカ、オーストラリアの熱帯~亜熱帯。 草丈: 20~30cm 花期: 5~10月 2015年12月15日 庭 筒型の花。 葉はビロードのような手触り。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿根アスター

キク科シオン(アスター)属。 シオン属のなかで園芸的に栽培されているものを総称してシュッコンアスターと呼んでいるそう。 これはユウゼンギクの血が濃い園芸種。 2015年7月19日 茅野市郊外
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

宿根ヤグルマギク(セントーレア・デルバータ)

キク科ヤグルマギク属。 セントーレアはヤグルマギク属の学名で、本来はヤグルマギク属全体を表すが、一般にセントーレアというと、 宿根ヤグルマギクを指す。 セントーレアにはモンタナ、デルバータ、ギムノカルバ(ピンクダスティミラー)、オウゴンヤグルマギクなどがある。 セントーレア・デルバータは葉が羽状に裂ける。 総包はアザミに似…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アストランティア・ローマ

セリ科 アストランティア属。 ヨーロッパ原産。 アストランティア・マヨールの園芸品種。 このシリーズはローマ、ベニス、フローレンスなどイタリアの都市名がついている。 2015年6月13日 つどいの里
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ゲラニウム・マクロリズム

フウロソウ科フウロソウ属 原産地;ヨーロッパ 花径2cmくらい。 雄しべと雌しべが長いことが特徴。 ゲラニュームの中では暑さに強い品種。 2015年6月13日 つどいの里 2012年6月17日 つどいの里
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アストランティア・マヨール

セリ科 原産地:ヨーロッパからアジア西部 外側の花弁のように見えるのは萼。 真ん中にたくさんの花が集まって咲く。 2015年6月2日 湘南
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ウエストリンギア(オーストラリアンローズマリー)

学名:Westringia fruticosa。   別名:オーストラリアンローズマリー。   英名: Coast rosemary シソ科ウエストリンギア属の常緑低木。 原産地:オーストラリア。 樹高:1.5m。 花期:4月~11月(不定期) 花径:約 1cm。 花色:白、薄紫~ピンク。 別名、オーストラリアンローズ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ストック

学名:Matthiola incana。   和名:アラセイトウ。    英名:stock。 アブラナ科アラセイトウ属の多年草。 園芸的には秋まき一年草扱い。 原産地:南ヨーロッパ。 枝分かれしにくい「無分枝系」とよく枝分かれする「分枝系」がある。 野生のものは一重咲きだったが、八重咲きが主流。 最近は一重が見直されている…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

キルタンサス・マッケニー

ヒガンバナ科キルタンサス属の多年草。 原産地:南アフリカ。 花期:12~5月。 草丈:30cmくらい。 秋植え半耐寒性球根。 キルタンサス=曲がった花という意味。 花茎を伸ばして細長く曲がった筒状の花を咲かせる。 花の色はピンクが多いが、赤、橙、黄色、白などもある。 2015年1月16日撮影
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木立性セネシオ

別名:ベリカリス キク科ペリカリス属(セネキオ属)の多年草。 草丈:20~90cm。 花径:3~9cm。 花期:11月~6月。 シネラリア(サイネリア)は、ペリカリス・クルエンツスやペリカリス・エリティエリなどを交雑させ、草丈が低く株の中心に花が集まって咲くように改良された園芸種。 改良が進んだシネラリアに、再度、野生種…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エキザカム

別名:ベニヒメリンドウ。 リンドウ科・エクサクム属の多年草。 原産地:南~東南アジア(インド洋ソコトラ島)。 草丈:20~30㎝。 花径;約13㎜。 花期:6~10月。 黄色い葯が目立つ。 2014年10月31日撮影 青紫やピンクもある。 http://www.teych.com/5ghana-17…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

メキシコハナヤナギ

別名:クフェア、   学名:Cuphea hyssopifolia。 ミソハギ科クフェア属の多年草。常緑小低木。 原産地:中央アメリカ。 草丈:25~50cm。 2014年10月31日撮影 クフェアと呼ばれて販売されるものは数種あり、常緑低木で小さな花と照り葉のハナヤナギ)、一年草のクサミソハギ、多年草で紫の花…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

サボンソウ。

サボン草。   別名:シャボンソウ。   学名:Saponaria officinalis。   英名:soapwort。 ナデシコ科サボンソウ属の多年草。 原産地:ヨーロッパ。 生育環境:草地。 草丈:50~60㎝。 花期:6~9月。 花径:3㎝ 2009年7月30日 茅野 花の色は淡いピンク色または白色。…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アルメリア

和名:ハマカンザシ。   学名:Armeria maritima。 イソマツ科の常緑多年草。 原産地:北半球の温帯。 草丈:10cm-25cm 花期:4~5月 4月28日 藤沢 細い葉が密生。 春に花茎を長く伸ばして、先端に小さな花を球形にまとめて咲かせる。 つぼみの様子。
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

スプーン咲きオステオスペルマム

エクロニクス種のオステオスペルマム。 品種名:ナシンガ。 2014年4月19日 2013年5月13日 2014年4月19日 スプーン弁の、かわった花弁をもちますが 高温期になると、花弁が普通の咲き方に戻ることがあります。 気温が落ち着いてくるとスプーン咲きに戻ります。 http://slvb.bl…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

オステオスペルマム

別名:アフリカンデージー。   学名::Osteospermum cvs.。  英名:african daisy。 キク科オステオスペルマム属の多年草。 原産地:南アフリカ。 花期:4~6月。 色々な色がある。 2010年3月8日 2010年4月14日 2010年4月14日 品種名:ソ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ツタンカーメンのエンドウ

学名:Pisum sativum cv. マメ科エンドウ属の1~2年草。 古代エジプトのツタンカーメン王(紀元前14世紀)の墓の副葬品の中から発見されたものの子孫と言われているが、疑問とする説もある。 ハワード・カーターの記録の中にもエンドウの発芽に関する記述はなく、エジプト・カイロ博物館の館長も「ツタンカーメンのエンドウ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シラン

紫蘭。   学名: Bletilla striata Reichb。   英名:Chinese ground orchid、 Hardy orchid。 ラン科シラン属の宿根草。 草丈:30㎝。 花期:4~5月。 原産地:日本、台湾、中国。 どこでも栽培されているし、逃げ出して道端にも咲いているが、野生のものは準絶滅危惧種…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

コウテイダリア

皇帝ダリア。  学名:Dahlia imperialis。  別名:帝王ダリア、木立ダリア。 英名:Tree Dahlia。 キク科ダリア属の多年草。 花期:11~12月。 草丈:3m~6m。 非常に高く、多年草というより木のよう。 竹のように節のある幹。 センダンのような葉。 花がないととてもダリアには…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

サワフジバカマ(市販のフジバカマ)

沢藤袴。   学名:Eupatorium × arakianum。   流通名:フジバカマ。 キク科ヒヨドリバナ属の多年草。 フジバカマ(Eupatorium fortunei、E.japonicum)は中国原産だが、万葉以前の古い時代に日本に入ってきて、かつては秋の七草のひとつとして親しまれてきたが、最近は数を減らし、環境省の…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more