テーマ:木 実

アブラチャン

クスノキ科シロモジ属。 落葉樹。 雌雄異株。 分布:本州から九州。 生育地:山地の沢筋など。 葉は卵形で、互生。 全縁で波打っている。 葉の表面は緑色、裏面は灰白色を帯びている。 実は液果で、直径15ミリくらいの球形。 晩秋には真っ黒に熟す。 http://f.hatena.ne.jp/ikuzou/20…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ヒノキ

檜、桧。  学名:Chamaecyparis obtusa   英名:Hinoki cypress, Japanese cypress。 ヒノキ科ヒノキ属の針葉樹。  常緑高木。 分布:日本(北海道を除く)、台湾のみ。 雌雄同株。 雌花は当年枝の先端部に、雄花は雌花より下の枝につくという記載があったが、これはどちらか分からな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エノキ

榎。   学名:Celtis sinensis。   英名:Chinese Hackberry。 ニレ科(APG植物分類体系ではアサ科)エノキ属 の落葉高木。 日本(北海道以外)、中国、朝鮮、台湾、ベトナム、ラオス、タイに分布。 雌雄同株で、4月に新枝の下部あるいは葉腋に雄花を、新枝の上部の葉腋に両性花を付ける。 2…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

イヌマキの実

犬槇。    学名:Podocarpus macrophyllus。   別名:クサマキ、マキ。  英名:Japanese yew、buddhist pine、fern pine。 マキ科マキ属の常緑針葉高木。  高さ20m。 分布:関東以南、台湾。 雌雄異株。 葉は細長いが、扁平で主脈がはっきりしており、いわゆる針葉樹の…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

コムラサキ

小紫。  学名:Callicarpa dichotoma。   別名:コシキブ。  英名:Purple beautyberry。 クマツヅラ科ムラサキシキブ属の落葉低木。 本州以南日本、朝鮮半島、中国に分布。 山麓や原野の湿地に生える。 花期:6~8月。 紫色の茎、 葉えきの少し上に花が咲く。 花は根元…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

アオギリの実

今年は猛暑だったせいか松に枯れが目立つ。 葉が枯れている広葉樹もあると思って近寄ってみたらアオギリだった。 更に近くに行ってみたら、枯れた葉ではなくて実だった。 はっぱのようなものは、果実の皮で、そこに実が付いている。 この状態で風に飛ばされていくそうだ。 果実は袋状だが、種子が成熟する前にその袋が舟形…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ヌルデ

白膠木。   学名:Rhus javanica。   別名:フシノキ、カチノキ。 英名:Sumac。 東南アジアから東アジア各地に分布。 パイオニア樹木。 種子は土中で長期間休眠し、伐採などにより自身の成育に適した環境になると芽を出す。 雌雄異株。 花期:8~9月。 花は円錐花序で泡吹くように咲く。 標高1100m…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

クロガネモチ

黒鉄黐。   学名:Ilex rotunda。  英名:Round Leaf Holly、Kurogane holly。 モチノキ科モチノキ属の常緑高木。  10mくらい。 関東以西本州・四国・九州・琉球、台湾・朝鮮南部・中国の暖地に生育する。 雌雄異株。 雌花。 真中に大きな雌蕊があり、その周辺にピンクの小さい雄蕊。 …
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more

オオバベニガシワ

大葉紅柏。  別名:オオバアカメガシワ。   学名:Alchornea trewioides。 トウダイグサ科オオバベニガシワ属の落葉低木。 中国東南部原産。 帰化植物。 雌雄異花。 春に出る新葉は鮮やかな赤。 だんだんに色があせる。 実がなっていた。 赤いひも状のものは雌蕊の柱頭。 そのうちに緑の葉にな…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

トウネズミモチ

唐鼠黐。   学名:Ligustrum lucidum。 英名:Glossy Privet、Chinese Privet、 Broad-leaf Privet。 モクセイ科イボタノキ属の常緑高木。 中国中南部原産。 花期:6~7月。 今年は昨年より開花が遅かった。 2010年07月04日 湘南 花つきがよく、株を覆…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ゲットウ

月桃。   学名:Alpinia zerumbet。  別名:アルピニア。 英名:Shell Ginger。  沖縄県ではサンニン。 原産地:熱帯から亜熱帯アジア。 日本では沖縄県から九州南部に分布。 花期:5~6月。 花期:5~6月というのは沖縄でのこと。 花は房状に垂れ下がって咲く。 蕾はピンクの縁取りのある白い苞…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

センリョウ

千両。   学名:Sarcandra glabra。 センリョウ科センリョウ属の常緑小低木。 東アジア~インドに分布。 日本では南関東・東海地方~九州・沖縄までの比較的暖かい常緑樹林下に自生。 花は黄緑色で7~8月頃に咲き、茎の先に穂状花序をつくる。 花には萼も花弁もなく、雌蕊が一つとその側面から出る雄蕊だけという…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

チョウセンゴミシ

朝鮮五味子。  学名:Schisandra chinensis。 マツブサ科マツブサ属の落葉性のつる植物。 雌雄異株。 朝鮮半島、中国、サハリン、シベリア、東アジアなどに分布。 日本では北海道、本州北部の山地に自生。 花期:6~7月。 葉のわきに細い柄を出して、クリーム色の花を咲かせる。 雌花。 多数の雌蕊があ…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ツリバナ

吊花。   学名:Euonymus oxyphyllus。  英名:Japanese Spindle tree。 ニシキギ科ニシキギ属の落葉低木。 日本・朝鮮・中国に分布。 落葉広葉樹林中に生育。 沢筋など水分が多い場所を好む。 花期:5~6月。 長く、分岐した花柄の先に直径6~7mmの小さな花をぶら下げる。 秋…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ミヤマニガイチゴ

深山苦苺。 学名:Rubus microphyllus L.f.var.subcrataegifolius、 Rubus koehneanus。 ニガイチゴの高山型の変種とする説と、別種とする説があるようだ。 バラ科キイチゴ属の落葉低木。樹高1m。 花期:5~6月。   果期:8~9月。 近畿以北に分布。 日当たりのよい草…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ニガイチゴ

苦苺。  学名:Rubus microphyllus。 別名ゴガツイチゴ。 バラ科キイチゴ属落葉低木。樹高1-2m。 本州、九州、四国などに分布。 森林内よりも攪乱されたところによく出現する。道ばたに出ることも多い。 花期:4~5月。 果期:5~6月。 花の直径は2~2.5cm。 白い花を上向きに咲かせる。 普通は一か…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

クスノキ

樟、楠。   学名:Cinnamomum camphora。 「楠」は本来はタブノキのことだが、一般的に楠の字があてられている。 「樟」は樟脳の樟で、こちらが正しい字らしい。 樟脳とはクスノキから得られる無色透明の固体で防虫剤や医薬品等に使用され、いわゆる”カンフル”のことである。 英名:Camphor tree、Camph…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

コノテガシワ(センジュ)

児手柏。 学名:Platycladus orientalis。 英名:Chinese Arborvitae 、 Biota。 別名:コノテヒバ。 ヒノキ科コノテガシワ属の常緑針葉高木。 原産地:中国。 江戸時代に渡来。 本来は高木で20mにもなるそうだ。 日本で栽培されているのはほとんど園芸品種のセンジュ(千手)で、樹高は…
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

カリン 実

花梨、花櫚、榠樝。  学名:Pseudocydonia(Chaenomeles) sinensis。 別名:安蘭樹(アンランジュ)。 中国名:木瓜。 英名:Chinese quince。 バラ科ボケ属の落葉高木。  8mくらい。 中国東部原産。 生薬名を和木瓜(わもっか)。 但し和木瓜をボケやクサボケとする人も…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

クサボケ 実

草木瓜。 学名:Chaenomeles japonica。 別名:シドミ、ジナシ(地梨) 英名: Dwarf quince。 バラ科ボケ属の落葉小低木。  高さ30cm~1m。 日本原産。 関東地方以西に自生。 地面についた枝はは一部、地下茎になる。 生長が途中で止まった短い枝はトゲになる。 ボケにも棘があるが、もっと棘…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ボケ 実

木瓜。  学名 :Chaenomeles speciosa。  中国名:貼梗木瓜。 英名:Japanese quince、 Flowering quince、Japonica。 バラ科ボケ属 の落葉低木。 中国原産。 平安時代に渡来した帰化植物。 中国原産なのに英名がJaponica、Japanese …
トラックバック:0
コメント:5

続きを読むread more

ソテツ 実

蘇鉄。  学名:Cycas revoluta。 裸子植物ソテツ科の常緑低木。 8m。 雌雄異株。 我が家にもソテツがあるが花が咲いたことがないので、温度が足りなくてこの辺では咲かないのかと思ったら、近所で雌花を見つけた。 ベージュ色の葉の形をした心皮に包まれたドーム状のものの中に雌花があるそうだ。 この時点ではもう実になっ…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

アオキ 実

青木。 学名:Aucuba japonica。 別名:ダルマノキ。 英名:Japanese aucuba、Spotted laurel。 ミズキ科アオキ属の常緑低木。 雌雄異株。 実は楕円形で長さは2cmくらい。 一斉に色づかず、晩秋から五月雨式に色づく。 12月に真っ赤になっているものもあるし、      鎌倉山…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ナナカマド 実

七竈。 学名;Sorbus commixta。 英名:Mountain Ash Tree。 バラ科ナナカマド属の落葉高木。 秋の真っ赤な紅葉と、赤い実が美しい。 今年は真っ赤な紅葉が撮れなかった。      蓼科の散歩道 2009/11/01撮影 初めのうちは緑色、やがて黄色っぽくなり、オレンジ色を経て赤くなる。 …
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ヒメユズリハ 実

姫譲葉。  学名:Daphniphyllum teijsmannii。 ユズリハ科ユズリハ属 の常緑高木。 10m。 福島県以南、台湾、朝鮮に分布。 海岸付近に多く、トベラやウバメガシと共に海岸林の重要な構成樹種。 ユズリハの似て、葉が小さいのが、名前の由来だそう。 実際にはあまりユズリハの葉に似ていないし、葉が垂れないの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ユズリハ

楪、交譲木、譲葉。 古名:ユズルハ。  学名:Daphniphyllum macropodum。 ユズリハ科ユズリハ属の常緑高木。10m。 日本では、本州の福島県以西から沖縄にかけて、アジアでは、韓国、中国中部まで分布。 暖地の山地に自生する。 雌雄異株。 ブドウのような美味しそうな実がなる。 有毒植物だから試食はしな…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ノリウツギ 実 紅葉

糊空木。 学名:Hydrangea paniculata。 英名:Panicled hydrangea。 ユキノシタ科アジサイ属の落葉低木。 高さ5m。 山地に自生。 黄色く紅葉するが、葉が落ちてしまっているものが多かった。 これは徒長枝の葉。       蓼科の散歩道 2009/10/27撮影 結実し始めのよう…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

チョウセンゴミシ 実

朝鮮五味子。 学名:Schisandra chinensis。 英名 : Magnolia Vine。 マツブサ科(モクレン科)マツブサ属の落葉性つる植物。 学名にchinensisとあるが、日本でも北部の山地に自生する。 英名はつる性のモクレンという意味。 雌雄異株。 若い実は白い。      蓼科の散歩道  20…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

ミヤマイボタの実

深山疣取木・深山水蝋木。  別名:オクイボタ 。 学名:Ligustrum tschonoskii。 山地に生えるモクセイ科イボタノキ属の落葉低木。 実は藍色に熟す。 葉にはつやがない。 イボタに似ているが葉の先が尖っている。      蓼科の散歩道 2008/11/01撮影 こちらはネズミモチの実。   …
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

サワフタギ

沢蓋木。  別名:ルリミノウシコロシ。 学名:Symplocos chinensis var. leucocarpa forma pilosa。 ハイノキ科ハイノキ属の落葉低木。 高さ5mほどになるというが、多くは1.5mくらい。 学名にchinensisとあるが、日本各地、朝鮮半島にも分布。 「サワフタギ」は,沢をふさぐ…
トラックバック:0
コメント:6

続きを読むread more