テーマ:緑 野草

ムサシアブミ

サトイモ科テンナンショウ属の多年草。 分布: 関東地方から沖縄にかけて、 朝鮮半島、中国。 生育環境: 海岸に近い林の中や山地の谷沿いなど。 草丈: 20~50cm。 花期: 3~5月。 2015年4月9日 湘南 芽だしは筍のよう。 2015年3月25日 大船植物園 2015年3月25日 大船植物園 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

アオミズ

青みず。   学名:Pilea pumila。 イラクサ科ミズ属の一年草。 日本各地、朝鮮半島、中国、シベリア東部に分布。 湿り気のある野原に生育。 花期:7月~10月。 雌雄同株。 目立たない泡緑色の花。 2014年9月28日 湘南 これは花後の姿。 2010年11月06日 湘南 1週間後には種がで…
トラックバック:0
コメント:4

続きを読むread more

ルイヨウボタン

類葉牡丹。   学名:Caulophyllum robustum。   英名:Papoose root。 日本各地を含む東アジアや北米東部に分布。 深山の林内に自生する。 草丈:40~70cm。 花期:4~6月。 花径は1cmくらい。 花弁に見えるのは内萼片で、蕊の周りにある小さいものが本当の花弁だそうだ。 私の写…
トラックバック:0
コメント:7

続きを読むread more

トウダイグサ

灯台草、燈台草。   学名:Euphorbia helioscopia。 英名:Sun Spurge。 別名:スズフリバナ。 トウダイグサ科トウダイグサ属の越年草。 本州以南の日本、北半球に広く分布する。 日当たりのよい野原に群生。 草丈:20cm~50cm。 茎につく葉は互生だが、茎の頂端には5枚の葉が輪生する。 輪…
トラックバック:0
コメント:3

続きを読むread more

エノコログサ

狗尾草。 別名:ネコジャラシ。 英名:Foxtail grass イネ科エノコログサ属の一年草。 エノコログサの由来は「いぬころ草」の意味であり、穂の形が子犬の尻尾に似ているから。 夕日を浴びて光っていると、とても美しい。      茅野市街    09/08/22撮影 変異が多く、穂が紫がかるものをムラサキエノコロ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

マムシグサ

蝮草。 サトイモ科テンナンショウ属の多年草。 花のように見えるのは仏炎包で、これが緑色のものはカントウマムシグサ。 紫褐色のものもあり、ムラサキマムシグサと呼ばれる。 茎には褐紫色のマムシに似た模様がある。これが名前の由来。 花のアップ。 芽出しは筍のよう。 2009年5月5日 蓼科竜神池   実は如何…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ハナイカリ

花錨・花碇。 リンドウ科ハナイカリ属の2年草。 山地~亜高山の日当たりのよい草地に生える。 茎は4稜あり、高さ10-60㎝になる。 花は直径1.5㎝。 花のつけねにある4つの距を錨に喩えての命名。 花の色は淡い黄色だが、終わりの頃には黄緑色になる。       蓼科の散歩道  08/08/27撮影 イカリに似た形…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more